転職・退職の囲み転職

派遣のお仕事が決まりました。勤務初日に派遣会社の営業担当の方・・

派遣で働く会社が決まりました。就業初日に派遣会社の営業の担当者と就業先の近所にあるコンビニエンスストアで落ち合う予定だったのですが、担当者がどういうわけか約束したお店の前にいないから中にいるのではないかと思って店内に入ったところ、なんとまあ雑誌コーナーにしゃがみ込んでいやらしいグラビアページを開いて閲覧していました。
転職・退職の囲み転職

ついこの間、転職をやっとしたばかりだというのに、慣れもしないあい・・

ちょっと前に転職したばかりであるにも関わらず、早期に退職を選択してしまう人がずいぶん多いといいます。何故そうなるのかと思うと私見ですが気持ちも新たに、自分自身に合った環境に飛び込んだものの、「自分の考えていた職場環境とけっこうギャップがあって幻滅した」「会社のルールにどうしても慣れなかった」ということで退職を決意することが多いといいます。
転職・退職の囲み転職

会社で何かあって回復が難しいほど精神的に厳しくなって、…

仕事によって回復が難しいほど心的につらくなり、職場を変えなくてはいけなくなってしまった時には、そのときは、会社(の関係者)と相談をするより身内と相談しながら会社を辞めるか決めるといいでしょう。なぜかというと、働くということは自分のためでもありますが、同時に家族の問題でもあります。
転職・退職の囲み転職

仮にあなたが転職を視野に入れたとき、「Uターン」「Iターン」など、…

仮にあなたが再就職を希望したとき、「Uターン」「Iターン」において都市部から地方に移って転職したいと興味を持つ人が増える中、実行に移している人もたくさんいます。昔と違って転職サイトを見れば、地方での求人情報も手軽にアクセスできるようになりました。地方や郊外での求人については、都心のような選択肢は期待できないのが一般的です。
転職・退職の囲み転職

生まれて初めて失業保険の給付を受けるときに、何もしなくても受け取れると考えている人…

生涯初の失業保険の給付を受けるときに、何もしなくても給付されると考えている人が非常に多いですが、それは誤りです。本当は、失業保険の給付を受け取るためには、求職活動を続けていることが条件で、さらに、毎月1回、ハローワークに通う必要もあるんです。1ヶ月周期で担当者に就職活動の状況をきちんと説明してきちんと就職活動をしていることを理解してもらえれば翌月の給付が振り込まれるというシステムです。
転職・退職の囲み転職

転職のための活動をしている最中は、常にあなたの心のうち・・

転職のための活動をしている最中は、何よりも自身の心のうちが沈着であることを意識したいものです。今の会社で働きながら転職のための活動では、それほどはないかもしれませんが、退職したら行う場合、人というものは心のうちが焦りが出てしまいます。そういった点を理解し、気持ちを抑えつつ、活動することを忘れないようにしましょう。
転職・退職の囲み転職

再就職をする際に面接で高い確率で質問されるのは辞職し・・

再就職で面接でおいてほとんどの人が問いかけられるのが前に働いていた会社を退職したわけですが、この質問に答える際には話題の中心を前職からそらしたほうが賢明です。会社を辞めるに至った経緯に焦点を当てると必然的にマイナス面を取り込んだ話題になってしまいます。この話の良い進め方は、前の職場を退職したのはこの職場にどうしても入りたいと思っていたからといった話の中身に持っていくということで、自己アピールもかねて自分が面接している会社に話の方向を傾けていきましょう。
転職・退職の囲み転職

今あるスキルを活かして再就職をしていく場合、そのスキルがプラスになる転職しやすい業…

自分のスキルや資格を活かして転職活動する場合は、そのスキルがプラスになる転職しやすい業種と比較的、転職が難しい業界がある事を認識しておきましょう。すんなりと転職がかなう職種としては、たえず人手不足である「医療・介護」系がその最たる例です。医療や介護では、それぞれ看護師・介護士は「資格」を必要で、ハードルが高めの業種ともいえます。
転職・退職の囲み転職

生まれて初めて失業保険の給付を受ける際に、ただ給付されるのを待っていればいいと思っている人…

生まれて初めて失業保険の給付を受ける場合、「何もしなくても自動的にもらえる」と考えている人が大部分ですが、それは誤解です。実のところ、失業保険の給付を希望通りに受け続けるためには、求職活動を行っている必要があり、さらには、月に一回以上はハローワークに行かなければいけません。
転職・退職の囲み転職

あなたが転職を視野に入れた場合、「Uターン」「Iターン」にお・・

仮にあなたが転職を考えた場合、「Uターン」「Jターン」「Iターン」にて大都会から地方へと移住したうえで再就職してみたいと興味を持っている人も、実践している人も増えています。一昔前とは違い求人情報サイトを用いれば、郊外・地方の求人も容易にアクセスできます。しかしながら、地方や郊外での求人情報は、都市部のような選択肢は期待できないのがデメリットといえます。