派遣のお仕事が決まりました。就業1日目に営業担当の人・・

派遣社員として働く会社が決定しました。

  • 派遣社員として働く会社が決まりました。最初の出勤日に派遣会社の営業担当者と就業先の会社近くのコンビニエンスストアで待ち合わせをしたら、営業担当者がどういうわけか約束した店の前にいないので中にいるのかもしれないと思い店の中に入ったところ、雑誌の所に座り込んでアダルト雑誌のグラビアページを開けて読んでいるところを発見しました。こんな人が自分を担当するなんて人間としてプライドが許さないことと判断し、その場で声をかけずにお店の中から出て直ちに派遣会社へ辞退する旨の連絡を入れました。
  • クールビズ(軽装)の服装で再就職の面接場に出向く際に…

  • クールビズの格好で転職の面接会場に行こうとするときには、ジャケットはさすがに羽織って出向くことはないと間違いなく分かるわけです。ですが、ネクタイはつけて行った方が好印象です。タイもジャケットと一緒でなくてもOKだと考える企業もある可能性はなくはないですが、ネクタイにおいてはクールビズであろうと必ず着用する必要があると思っている企業がいくつかは存在します。それゆえに、例えクールビズ(軽装)が指定されていてもネクタイにおいてはしてから行った方が良いというのは知っておいてほしいです。
  • 直接雇用ではなく派遣という形態で働く人が最近では増えてきていますが、…

  • 派遣会社に会員登録して働く人が徐々に増えてきていますが、派遣社員として働く場合は、派遣先の企業から支払われる一時間あたりの報酬がいくらで、そのうちの何割があなたに入るのかを面接のときに質問しておくべきです。派遣業は人材を希望する企業に派遣して、その見返りに、手数料を徴収していく仕組みで運営していますが、現場に派遣される労働者の取り分が不明確になっている場合が多いです。半分以上を派遣労働者に還元しているのなら、まだ良いですが、中には開示すらしないところも多く、酷い派遣会社では、8割も自身の懐に入れ、2割しか労働者に還元しない場合もあるのです。なお、面接のときにきちんと答えてもらえないような会社は、なにかと不都合な点を隠そうとする特徴があるので、なるべく別の派遣業者を利用されることをオススメします。
  • 転職をスムーズに行いたい場合、準備は必須です。

  • 転職する場合、準備は不可欠です。一言で準備といってもたくさんありますが、そんな中でも「服装」を気にしている人は多いはずです。しかしながら、ここ数年の、採用面接については形式ばらない服装を許可しているところもあるので、スーツで決めて臨まなくても良いケースもあります。創業して間もない会社などは、厳格な規則もないことが多く、私服で面接をした方が、相手からの印象が良くなります。そして、ざっくばらんに話をしやすいのもメリットといえます。また、私服を見せるたことで面接の際に、服装について、話題が広がることがあります。ですから、うまくいけば面接担当の人から気に入られる期待もできます。というワケで、今後、転職にトライするなら「創業年数」を事前確認し、(ベンチャー系の)面接時には正装はせずに私服で挑んで見るのも良いかもしれません。
  • 何年か前までは求人情報では、募集条件の中に「性別」まで…

  • 今までの求人情報には、雇用主が必要とする人材の「性別」まで書かれているのが一般的でした。しかし最近では、1986年に男女雇用機会均等法が施行され、採用において、男女の差別がしてはならないルールとなり、求人情報に男女の性別を記載しないようになりました。とはいえ、求人情報を出す側は、実際のところどちらが希望と言う想いがあるはずです。現実問題として、男性欲しいジャンルに募集に女性がやってきたり、女手が必要なのに男性が来てしまい、といった問題もひとごとではないのです。例えば、「女性が活躍できる職場です」と記載があれば、求めているのは女性だと考えると良いでしょう。
  • 現在、ブラック企業がマスコミで注目されたりして、労働条件での取り締まりが強化されていったり…

  • 近時は、ブラック企業がマスコミで注目されたりして、労働条件に関する取り締まりが強くなったり、会社名が公表されたりと罰則も強化されていますが、完全には至っていないと思われます。したがって、面接で見破る必要が生じます。ともかく、求人票などで労働条件を見えておき、不安に思う項目についてあれこれ質問していきましょう。相手がブラック企業であれば、求人票の記載が嘘の場合、返答に詰まったり、回答を避けるなど逃げ腰になることがよくあります。給与や残業や休日に対しては、質問責めすると、困った表情をする可能性が高いです。それでも食らいつくと、ブラック企業によくある高圧的な態度や、ふてくされた態度を見せるので、会社の正体がわかります。このような会社は、嘘をつく体質であると考えられるので、変だと思ったら、それ以上関係を持たないことが無難だと思います。
  • 再就職をする際の面接のときにする腕時計に関しては、ビジネスの場らしからぬ目立つような…

  • 再就職時の面接につけていく腕時計は、ビジネスの場らしからぬ派手な時計は着用しないほうが安全といえます。この場合の腕時計で目立つものというのは明らかに高価そうに見えたり、といったことだけではなく逆に安物に見えるとか、そういった意味であって真逆の意味で目立つ、ということで頭に入れておきましょう。転職の面接の際に着用するべき腕時計というのはスーツやネクタイのとらえかたと同様に、適切なものをしたほうが良いです。ですが、年齢にあったものというのもとても肝心であって、新卒の時に面接で準備したものよりはわずかでも高価なものにした方が良いとはっきりといえます。
  • 長い間接客関係で仕事をしていたのですが、歳をとるにつ…

  • 長い間接客業で働き続けてきましたが、歳をとるにつれ立ったまま行う仕事は体力的につらく、座って仕事を続けられる事務の仕事への転職を頭に入れて動き始めました。事務未経験となるとなかなか難しく、だから接客の経験も活かせる受付兼医療事務をやろうと考え資格も取って個人病院に転職しました。周りはベテランである先輩パートさんだらけで人間関係もややこしい。夜間のシフトばかり押し付けられ、接客業をしていた頃より帰る時間が遅くなったのですが、まずはキャリア形成の時と割り切って頑張ります。
  • いい企業につきたいと転職をする活動中の大半は、「ちょっとでもはやく…

  • いい職場の社員になりたいと転職をする活動中の場合、「ほんのちょっとでも早く、内定(採用通知)をものにしたい」と思っているはずです。ですが、そのために内定通知が得たいばかり、自分の能力を必要以上に大きく見せたり、その逆に自分を過小評価につながることは、可能な限りしないようにしましょう。大事なのは焦ってしまう気持ちをガマンして、冷静に客観視しつつ、あなたに適した職場を探すことにアンテナを集中させていきましょう。これまでの経歴を生かしつつ、さらに、今後のキャリアアップが期待できる場所を賢く探していきましょう。
  • 現在では、株・不動産投資の不労所得のほか、個人経営 で頑張っている人も増えています。

  • 今の時代は株・不動産投資をはじめとした不労所得で収入を得たり、自営業・起業といった生き方も増えています。そのような世の中の変化もあるせいか、「会社員以外は不安定だしキケン」といった今までの常識も変わってきています。高度経済成長の頃に関しては、不安の残る自営業といった稼ぎ方よりも組織の一員として働くほうがずっと安定していて、人生の花形として、またそれが当たり前であるかのように、世の中に認知されてはいました。しかし、そんな社会全体が等しく成長する時代は終わり、現在のような時代は「成熟期」とも言われています。コンピューターの進化とともに、近い将来では自動化・機械化が顕著になり、社会においては人手が不要となる時代が到来すると言われています。