ほんの2ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりというの…

ほんの2,3ヶ月まえに、転職したというのに、数ヶ月しかたっていない…

  • 3ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりなのに、早期に辞めてしまうケースがなんとなくよく見受けられます。何故そうかと考えてみると私の考えをいうとリフレッシュな気持ちで新しい会社を見つけたものの、「自分の想像していた職場とギャップがあって幻滅した」「職場環境が受け入れられなかった」と考えてしまって退職を決意するみたいです。できればこういった、転職先選びでしないためには、初歩として、事前の情報収集を徹底しておく必要があります。手を抜くことなく、徹底して行うべきなのです。具体的な業務内容、通勤にかかる時間、など前もってチェックしておくことで気になる点は職に就く前の段階でチェックしておきましょう。

  • 再就職しようとする際に準備する必要のある履歴書などに関して…

  • 転職をする時に絶対に書かないといけない履歴書などにおいてですが、大方は自筆ではなく、パソコンを活用して作るのがほとんどです。現在の日本においては履歴書についてはパソコンによるものではなくペンを使って作るというのが普通だと考えられている面もありますけど、それは新卒の人たちに関する就職活動やアルバイトやパートに関してであって、実際のところ、転職の際は履歴書や職務経歴書は必ずパソコンで書いたものは駄目とはっきりとは言えません。自筆の履歴書や職務経歴書の方を良しとするところもありますけど、そうではない時がだんだん増えてきているようなので、パソコンを使って作成した履歴書や職務経歴書でも良いとする企業は意外にもいくつもあるのです。

  • 友人や知人からの紹介によって転職の先を探すこともあるでしょう。

  • 知人による紹介で転職先を見つけている最中の人もいるでしょう。ただし、転職の先の労働環境や労働条件に関する情報について、紹介者からの口コミ情報のみで過剰に信じるとトラブルになるおそれがあります。なぜなら、ある特定の人による口コミ情報はその人の主観に基づいているからです。つまり友人の立場ではベストな働く場所に映っても、自身にとってはイマイチな可能性があります。その逆も然りです。なので、職場環境をはじめ、気になる点は口コミだけで判断せず、自分自身の目で確かめておくことも大切です。

  • そのうち転職活動を考えているのなら、今の職場や仕事での納得いかない部分、不満に思う部分…

  • 来週からでも転職活動しようと考えるのなら、現状の職場や仕事の何に不満があるのかを明確にしておいた方が良いです。これは当然できていると思われますが、意外とそうでもないのです。そもそも気に入らないことが限界に達しているから転職しようと思われているはずです。でも「しっかりと現在の仕事や業務の客観的にみた不満点を明確化する」ことをほとんどの人はやっていません。不満点が明確化できれば、その不満が解消されるなら、他の条件が悪化する事を許容するかも考えましょう。この点を徹底しておくと転職選びに失敗するリスクは減らせます。それを終えたあと、仮に転職した場合、「今よりも不便になること」をしっかり想像してみましょう。現状の問題が全て改善するとは限りません。しかし、デメリットを受け入れる気持ちの整理があれば、転職後の急激なモチベーションのダウンを防ぎやすく、成功することができるでしょう。

  • その昔は看護婦ですが看護師といえば、歴史的にも女性比率がとても…

  • その昔は看護婦という名前だった看護師というのは仕事としてどうしても女性の割合がかなり高い職場です。厳しいことに気力だけでなく体力を大きく消耗しやすい過酷な現場が少なくありません。とうぜんのように職場の環境での対人関係の問題や、結婚や出産によってそれまでとは同等の勤務が継続できなかったりして、仕事と家族との折り合いをつけるのが取りづらい職業でもあります。実際に、上記のような点に行き詰まり、転職する人が多い傾向にあります。色々と過酷な環境であるために、看護師は、慢性的な人材不足に変わらず継続しています。というワケで、それぞれの医療機関は看護師を求めている「売り手市場」な状態で、転職の増加を後押しする要因になっているのでしょう。

  • 転職を視野に入れているならこまめにたくさんの企業の採用情・・

  • 再就職を近いうちにするつもりなら、まめに色々な企業の採用情報を普段からチェックしておけば転身先を選択しやすくなるでしょう。あなたが今の職場に不満足だと感じているケースでは、本腰を入れて転職活動をする際にどんな企業でもいいように見えます。そんな状況に陥ると、どの企業を選択したら良いのか迷ってしまうのでどんな会社でも飛びついてしまいます。すると、最終的には短期間で不満が募ってしまうこともあるので事前に会社の良し悪しを判断できる目を養っておいたほうが良いのです。方法としては、転職したい会社の雇用関連の情報に目を通すだけでなく、その会社の「取引先」も気にしておきましょう。良い企業は、取引先の情報を公開していますし、反対にそういった企業ではない場合、宣伝に力を入れる傾向があるので、確認しておいて損にはなりません。さらに、会社によっては、個人グループに入っているものもあったりするので、グループの名前でチェックし、確認しておくのも手です。

  • 職場を変えたいと思っているのなら、いきなり年間報酬に関して高望みはしないほうが無難です。

  • 仕事を始めてすぐはすぐに年間報酬に関して高望みはしないほうが無難です。とりわけ入社1年目の段階では、大体「研修期間」を含んでいるというのが多いです。私の場合、やっと新しい職を見つけることができたのに、予想に反して前の会社での年間報酬とほぼイコールで変わりませんでした。そればかりでなく、業務は多様で忙しく、責任重大な立場でもあったので、二年目を迎えるまで厳しかったです。ではどうすればいいのでしょうか。それは、初年度は、仕事を覚える期間と割り切り、できる限り転職前に貯蓄しておくことに尽きると思います。

  • 全くの未経験である業種などに転身をしようとするときには…

  • 未経験である分野などに転職したいと考えている場合には、前職で、自分が身についた力やこれまでやってきたことを生かすことができるという内容のアピールが必要です。経験をしたことのないジャンルの場合、経験していない分だけそのジャンルで今まで働いてきた人たちよりも事実、不足することはありますが、自分自身の持っているスキルがその分野でも発揮することができるということをうまく話すことができれば、勝負になることも出てきます。それゆえ、経験のない業界に挑む際には、その分野とこれまで自分が働いてきた仕事との関係をできる限り考えましょう。

  • 転職することで勤め先を一新するということは、自分自身に適合す・・

  • 再就職して勤め先を一新するということは、自分自身に合う自分の理想に近い場所に再就職したいものです。天職に出会えるかもしれません。けれども、メリットだけがあるわけでななく、それ相応の労力やスキルがないと、良い仕事に就くことは難しいです。言い換えると、あなたのスキル次第で「天職」にありつく、というだけの話です。今のご時世では、職業選択の自由が社会的に普通に当たり前になっているので、仕事場を変えても何の特に面倒なことはないでしょう。終身雇用制度が死語となりつつある今は、「価値ある人材が欲しい」が願っている企業も増えているため、今の良い時期を有効活用してみてください。

  • 転職の採用面接に転職したい会社へ出向きました。

  • 転職時の面接にとある会社に行きました。会社にある会議室が空きがないとのことで社外の会場で人事部の方と待ち合わせて採用面接が行われて、そのまま解散して、面接をした方もそのまま直接自宅に向かうとのことでしたが、奇遇にも自宅の最寄駅が一緒だったのです。ですから電車の中においても一緒に会話をしながらいっしょに帰ることになり、おかけで緊張がなくなって面接しているよりもお話が弾んで、それが良かったのか幸運にも採用を勝ち取りました。