仕事をするにあたって心的にとてもつらくなってしま…

仕事をするにあたって心的なダメージが蓄積されてしまい、…

  • 職場環境のせいで心的な負担がかなり増え、職場を変えなくてはいけない状況となったなら、そんな時は、職場の人と相談する以上に自分の家族に話を聞いてもらい会社を辞めるか決めるといいでしょう。なぜそのほうが良いのかというと、働くのは当事者であるあなたです。が、しかし同時に、家族の問題ともいえるのです。毎月、納得のいく高い給料を手にしたとしても、精神的ダメージを負ってしまうまで働くことは、望ましいとは言えません。昨今は、経済的なことよりも、働きやすさが優先で前提にする生き方も段々と増えていっています。ですからあまり気にせず、あなた自身の家族や、あなた自身の心身の健康を考えていきましょう。

  • 看護師という職業の人のそれと違う職に転職を決断する原因は・・

  • 看護師でありながらほかの職に転職の原因はその人それぞれ。色々な事情があるはずです。それを見てみると転職には「職場に相性の悪い上司や同僚がいて困っている」「結婚で配偶者のこともあって出産加えて家族の介護など、いくつかの身近な家庭環境の変化によって今までのようには仕事が難しくなってしまった」「収入に大きな不満がある」というような悩みが考えられますね。環境を変えたい気持ちは分かりますが、実際に転職される前にどうして転職をしたいとと、頭を冷やして静かに再度、現状認識をしてみることもしてみてください。それは本当に転職するに値する妥当なものであるのかどうか、もう一度考えたうえで決断してみてください。

  • 女性の転職に際して、一昔前と今日とでは少なからず、状況に違いがあったりします。

  • 女性の再就職については、数年前と現在とは多少の変化があります。前は、結婚観や出産後の方針など、一般的なこととして質問されることが多くありましたが、今現在は結婚などについては、セクハラとして質問しない企業、の方が増加傾向にあります。また、世間に名の知れた大きな会社の場合は、タブーとして全面的に避ける傾向にあります。しかしながら実際、会社側は、〇か×といった形ではなく、その人が、結婚後は退職するのか、出産後の具体的な予定を知っておきたいとは思っています。あなたの将来設計をわかってもらうためにも、志望動機・自己PRとともに話すことで会社側にも認識してもらえ、安心してもらえると思うわけです。ということで、たとえ、質問されていない箇所についても、あなたから気遣って話を進めていきましょう。

  • 退職と転職を度々しないための対策が一つだけあります。

  • 転職を繰り返す日々を止めるための方法が一つだけあります。スキルアップもそうですが、メンタル面を鍛えると、転職を繰り返さなくなります。ネット社会の現在では精神面を鍛えるのには良い情報は誰でもカンタンに拾えます。さらには、転職とは全然違う行動でも、精神面は強化できます。それは、海外に行くことです。海外旅行に行くと、言語、生活様式、文化など、違うことばかりなので、刺激を受けることばかりです。ですから、心の成長を成し遂げるにはぴったりの方法といえます。帰国すると、「自分の見せている世界はこんなに小さいのか」と気づき、世間はこんなにも狭かったのだということをしみじみと感じることができます。その気持ちのまま、面接に臨めば、自信に溢れた態度で相手にアピールできるはずです。しかし、退職して間もない頃は精神面がダメージを受けやすいので元気になるまで休みましょう。

  • 再就職をするときに重要視されるのが「面接」になります。

  • 転職時、かなり重視されるのが「面接」なのは間違いありません。よくある面接の際は応募者に対して、転職の経緯や退職理由などこれまでのキャリアといったことを尋ねてくると思います。そして、面接の終盤になると、次は、転職希望者から面接担当の人に疑問点などを質問できます。例えば、「なにか弊社についての疑問に思うことはありませんか?」と。と聞かれたときに面接者本人が気持ちの準備もできていないし、慌ててしまうと思います。こんな時の為に、面接を受ける前に会社や仕事に対しての疑問点などの聞きたいことをいくつか考えておくのもいいかもしれません。具体的に知っているわけではありませんから、よく考えておけばいくつも疑問点は見つかるはずです。ぜひ、やってみてください。

  • 転職活動をする際の最後にクリアしなければいけない難問とし・・

  • 転職活動をする上での最後の壁として、現在勤めている会社の退職があります。転職先の企業から採用の内定を得たとしても、現在勤務している会社が、あなたを離したくないと慰留しに掛かるかもしれません。そういったケースでは、困難に負けずに退職する、という強固な気持ちを維持することが大事です。たとえ会社に残るように説得されて、一時的に残ったとしても、一度辞めたいと思った会社には、最終的には愛着もなくなってきます。会社の規定をチェックし、退職までに必要な日数を超過する年月以降に退職日を定め、退職届を作成しておきましょう。そのあとで、決定権を持つ上司と直接、話し合い、退職を考え直す可能性はありませんと、遠慮せずに伝えましょう。円満退社という形をとることも転職活動において重要な要素になってきます。

  • 以前の私は、「転職サイト」を使うより、私はハローワーク派でした。

  • これまでは「転職サイト」に頼るより私はハローワーク派でした。というのは、大抵の転職サイトは、なぜか都心部にある会社の求人情報が多いからです。これまでの転職をする際は、「ハローワーク」のみ使っていました。有名な転職サイトに掲載されている求人よりも企業も、給料などの労働条件も若干見劣りはしますが、昔から地域に密着した企業も多くあり、ピンポイントで見えるのはありがたいです。ですが、「ハローワークって地味な雰囲気がある」という先入観がある人も多いとは思います。求めていた労働環境の求人があるかもしれないので、これから転職しようと考え中の方は、お近くのハローワークへ1度は行ってみるのも良いと思います。大手転職サイトみたいに大量のニュースレターが来ることもありません。

  • 昔から”石の上にも3年”という教えがあります。

  • 日本には古来より”石の上にも3年”というコトワザがあるのですが、大正末期から昭和初期にかけて原型がつくられた、「終身雇用制度」は崩壊に向かっています。転職というのは一般的な事柄となってきています。しかしながら、「転職」する人が増えているとはいっても、やたらと仕事を選択し転職を繰り返して良いワケはありません。実際に再就職を検討する際は、時期を捉える必要があります。とりあえず、今現在の職場、仕事、職場に関して、嫌だと感じいているポイントを、10個、少なくても最低5個はリストアップしてみてください。そうしておくと、転職活動がスムーズになるはずです。そして、もし決断したらできるだけ早々に、よりキャリアアップできるように、頑張っていきましょう。

  • 数日前新しい仕事先を探すために人材紹介会社に登録に向かいました。

  • 一昨日新しい仕事先を探すために人材会社に登録に向かいました。そのとき登録カウンセリングをするために現れた担当の人の雰囲気がどうも入社間もない新入社員で、私の説明の半分もわかっていない感じ。それでいて「キャリアデザインが物足りないですね」とか「もっと自分の強みについて考えることが重要です」等、ベテランのように横柄にのたまうからとっても不快でした。カウンセリングを担当する人はある程度能力のある方に、してほしいです。

  • 将来に目を向け、楽しんで再就職と向き合えば、メンタル面への負担も軽減されるので・・

  • 将来に目を向け、楽しみつつ、転職をすることができたら、精神的に負担を感じることもないので、結果として転職期間中に堕落しないで済みます。精神的な箇所が健全な状態のままであれば、あまり時間をかけることなく新たな転職先も見つかるはずです。お勧めなのは、やはり、休職せずに新しい勤め先を見付けることです。今の仕事を継続しつつ、次を見付ける形がベストです。しかも、ブランクをなくせば現在の仕事を辞めてから、すぐに働けます。そうしておけば、職歴に空白期間ができないので、履歴への影響も回避できます。つまり、転職の時にマイナスの要因がなくなるということです。今後のことを考えつつ、うまく転職活動を進めてみましょう。