はじめて「失業保険」をもらう際に、じっとしていれば給付されると思っている人…

生涯初の失業保険を受ける際に、じっとしていれば受け取れると思っている・・

生まれて初めて失業保険の給付を受ける際に、何もしなくても給付されると思っている人が大半ですが、それは誤解です。実のところ、失業保険を希望通りにもらい続けるためには、職探しを続けている必要があり、その上に、月に一回以上はハローワークに行かなければいけません。毎月担当者に求職活動の状況を報告してきちんと就職活動をしていると判断されれば次の月の給付が行われるという仕組みです。仮に、真剣に就職活動に取り組んでいないと判断されたり、月に一度の職員との面談を欠席した場合は、ルールとして給付が見送られたり、場合によってはその後の給付資格も消失するおそれがあるのでそうならないために充分に気をつけてください。

『なるべく早く転職をしたい!』と思っている人で未来の進む道もハッキリしているのなら、…

『転職したい!』と思っている人で自身の意志が強いのであれば、辞職したいという旨を速やかに自分の上司に伝えましょう。なぜならば相談という形で話せば言いくるめられるおそれがあるので要注意です。また、実際に私も、上司へ転職についての相談をしたのですが、ズルズルと長引き結果的に、およそ半年、予定が伸びてしまいました。退職する旨を当初、直属の上司に相談をしたのが年度末でしたが、数ヶ月働くことになり、退職出来たのはこの年の11月です。本音を言うと、仕事の落ち着いた年度末いっぱいで辞めるつもりでしたが、色々と理由をつけられ、予定が狂ってしまいました。やはり職場側としても、人事上の都合があるのかもしれませんが、スタッフの要望を聞かずに、上司をはじめ、組織としてこちらの希望を無視してきたのでほとほと職場に対して呆れてしまいました。

派遣というかたちで働いています。

派遣社員として働いています。派遣法とか労働契約法のからみで残念ながら長く勤務してきた勤め先での勤務を終わらせなければなりません。同じ派遣である人の中には、派遣先の企業で正社員の位置を獲得した人もいるのですが採用された理由としては正直仕事の腕とは関係なく派遣先の上司へのあしらいが上手な方でそれで採用されたとしか思えません。仕事の能力よりもおじさん転がしの能力の方が重要なんだねーと抜擢されなかった別の派遣のメンバーと派遣先の職場で毎日文句を言ってます。

近頃はパソコンやスマホは便利でインターネットで見られる世界に・・

パソコンを見ればインターネットの世界では、要するに転職に関連するサイトが多数あります。その数限りないサイトから自分自身の目的に合った転職先というのを見付けるために、最初は情報を集めることから始めましょう。このようなサイトをうまく使うことで、効率的かつ満足度の高い転職先を探せます。転職情報が満載で、頻繁に情報更新され、客観的なデータも掲載される有益な「転職サイト」がある一方、情報更新が遅く、粗悪な内容ばかり掲載しているサイトもあるので、注意しておきましょう。使い慣れないうちは、実際に信用していいサイトであるかを見極めることがポイントとなりますからよそと比較しながらしっかりチェックしてみましょう。

例えば、とらばーゆを決断したなら、まったく周りにこっそ・・

一度、転身を決意したなら、徹底して周囲にこっそりとそれを告げないように、うまく活動を進めていき、現在の会社に所属している間は、あくまでも周りの人間に気づかれないように通常通りに仕事をする方がとてもいいです。転職先が決まっていない間、その状態を保っておくと、最悪の場合希望に沿う転職先をすんなり見付けることができなくても、転職の予定を見送りながら現在の仕事をそれまで通りにし続けてもトラブルにはなりません。でもうっかり、「転職するつもりでいる」と話してしまうと、会社の人は、その言葉を受けた対応をします。しかも社内の人間に「辞めるつもりです」と口にしたら、社内では「あの人はもうじき転職する」と広まります。そうなってしまってから転職したい思いが薄れ、「やっぱり退職しないことにしました」となっても、周りの人は、「一度は辞めようとした人」とあなたを見て、在籍中は、立場が悪くなる思いををするおそれもあります。

安定的な人生を送ろうと正規の社員を狙っている人は少なくないでしょう。

安定した生活基盤を希望して正規の雇用社員になろうとしている人はかなりいらっしゃるはずです。ただ、相当に頑張っているのに正社員としての転職活動そのものが実現しないこともあります。契約社員や派遣社員の求人はたくさんあるのに正規雇用の求人募集に執着しすぎて、エントリーしない人も少なくないでしょう。しかし、中々正社員として希望する仕事に転職できない場合は、契約社員や派遣社員に応募することも選択肢に加えてみましょう。会社のなかには、働き手の活躍の度合いによって数年で契約社員から正社員にステップアップできることもあるからです。ですから面接時に「正社員登用」の機会があるかどうかをヒアリングしておくと将来設計にも役立ちます。

転職時の面接では、正直さが仇になることがあります。

転職時の面接で人事から「転職の理由は何ですか?」といった形で、必ずと言っていいほど質問されます。このときに、過去の職場の「働く環境」「人間関係」に関しての愚痴ともとれる受け答えは、意識して話すのはやめておきましょう。もしも、そのような内容をうかつに喋ってしまうと、採用のチャンスをダメにしてしまいかねません。そのため面接時は、「前向き」な姿勢を見せつづけることが大切で、あくまでも「新しい職場においては、自身の能力を十分に発揮し、会社にも充分に貢献していこうと思います。」のような売り込みの形が重要です。

これはシフトのある仕事についてです。

シフトの勤務形態がある仕事についての話です。一定の曜日に働ける人を募集している求人をよく見るのですが、もしも応募しようと考えているなら休み方やシフトの提出方法を面接の際に尋ねておいたほうが良いです。それはどうしてかというと、以前わたしは出産のため休む人の穴埋めとして、正社員の仕事についたのですが、「土曜、日曜」固定のシフトで、新入社員の私以外、誰も現場にいませんでした。産休に入った人が土日に必ずでれる人だったので、私もそういった形で扱われたしまいました。実際「土日」に冠婚葬祭が入った場合、シフトを変更してもらわなくてはならず、職場の先輩方に「代わりに出ていただけませんか?」と自分でお願いしなくてはいけませんでした。給料も立場も同じなのに土日を私だけに任せるなんて…。今思うと「よく耐えたな」と。

もし転職を予定しているのなら、先に「資格」の取得をしておいた方が良いかもしれません。

もしあなたが転職したいと考えているなら、転職前に資格を取るとステップアップします。とくに、仕事を続けているうちに、資格取得しておけば、転職でそれを生かせるので、新しい仕事も探しやすくなります。そのため、在任期間中に資格取得をするのがもっともよい時期といえます。もしあなたが未来を見据えて、このあとに役立つ資格をとっておくと、会社を辞めた後も心残りもなく、前に進んでいけます。また、資格取得によって転職活動では資格が味方をしてくれるので転職先での面接時に面接担当者に「即戦力」な人材として認められ、これまでより待遇アップも期待できるでしょう。

自分の趣味に通じることや大好きなことを仕事にしたいという風に思っている人は気をつけた方が良いです。

自分の得意なことや大好きな分野の仕事に就きたいと思っている方は注意が必要です。私が実際に体験したことなのですが、私自身、もともと食べることが本当に大好きだったのですが、それが理由で、かつては、飲食の世界で仕事をしていました。そのレストランでの仕事内容は、そのお店で私が担当していた業務は、シンプルな盛り付け作業やホール業務でした。この業務内容に関しては、不満もありませんでしたし楽しみながら仕事ができていたのですが、職場の人間関係に疲れてしまいました。そのことが引き金になり、職場を去ったのですが、その影響からか、あんなに好きだった食べることやその飲食店でメニューとして扱われていた食べ物さえも嫌いになり、似たような飲食店はしばらく経った現在も行けません。店のにおいを思い出すのも嫌です・・・。仕事を始めた当初、好きだったものを嫌いになるなんて、自分でも驚いています。趣味に通じることや好きな分野の仕事に就きたいと願うのは本当に素敵なことです。ですが、「好き」の度合いはどの程度のものか、じっくり向き合ってから行動するべきです。