仕事をするにあたり、精神的にとても苦しくなってしまい…

会社で何かあって回復が難しいほど心的な負担が増え、転職せざる負えなくなってしまった時に…

仕事のせいで回復が難しいほど精神的にとても苦しくなってしまい、会社を変えなければという気持ちになったなら、相談するのは職場の人でなく家族と話し合い、退職するか決めるといいでしょう。なぜならば、仕事をするということは自身のことでもありますが、同時に身内の問題でもあります。毎月、どれだけ高給を得られたからといって、精神的ダメージを負うほど仕事を続けることは良くありません。今の時代は仕事のしやすさを重視していく生き方も徐々に増えつつあります。ですから気に病むことなく、家族や、自身の心と体も大切にしましょう。

看護師のそれ以外の仕事に転職の理由は人によって違うはずです。

看護師という仕事の人のほかの仕事に「転職しよう」と思う原因は一人ひとり違います。ちょっとみると看護師からの転職するには「職場に気の合わない上司や同僚、お客がいる」「結婚してから配偶者のこともあって出産それから親の介護など、身近な家庭環境のいくつかの変化によってこれまでと同じような働き方が厳しくなってしまった」「現在の給料に不満を感じている」など多種多様の理由が抱えているのかもしれません。環境を変えたい気持ちは分かりますが、転職前に、「どうして自分は転職しなくてはいけないのか?」と、今一度ゆっくりと現状を客観視することもしてみてください。「実際に転職したら状況が好転するのか?」ともう一度考えたうえで決断してみてください。

女性が再就職するに当たり、一昔前と今現在とは若干の違いがあるようです。

女性が再就職するに当たって、一昔前と今日とでは若干の変化があるといいます。以前は面接の際に会社側から、結婚観や出産予定について自然に女性たちへ質問していました。でも、最近では、セクハラと企業側が捉え、聞かない会社、の方が増加傾向にあります。世間に名の知れた大企業ほど、NG質問として露骨に避けるようになっています。ただし、会社側としては、YES・NO、で返答するのではなく、その女性の生き方、結婚した後は退職するのか、出産後の具体的な予定を漠然とは知っておきたいとは思っている事でしょう。自身の人生設計を知ってもらうためにも、自己ピーアールや志望の動機と一緒に表現することで、面接官にも考えが伝わり、また、疑問も解消できると思うのです。ですから、質問されてない箇所についても、こちらが先んじて気を遣って答えてみると良いでしょう。

退職と転職を繰り返す日々を止めるための術が一つだけあります。

転社を繰り返さないために、ひとつだけ対策が必要です。仕事面のスキルアップもそうですが、メンタルな部分を鍛えれば、転職を繰り返すことがなくなります。今では、インターネットがあるので精神面を鍛えるための自己啓発系の情報はいつでも知ることができます。さらには、転職とは違う行動をすることもメンタル面を強くすることが可能です。何かと言うと「外国に行くこと」です。海外は、日本では考えられないような習慣があったりと、刺激をたくさん受けることができます。ですから、精神的な成長は、予想以上に得られるはずです。帰国すると、「自分の視野の狭さ」に驚き、世間はこんなにも狭かったのだということをしみじみと実感することができます。その気持ちを携え(転職のための)面接に向かえば、今までの面接とは違って自然と自信に溢れた態度を示せるはずです。しかしながら、退職してすぐは、メンタルが弱気になりやすいので、休みも必要です。

再就職をする場合、とても重要視されるのがまぎれもなく「面接」である。

再就職をする場合、比較的重要なのが「面接」である。大半、面接では、面接担当者が応募してきた人に対し、転職を決めた理由や退職理由などいろいろと聞かれることになりますが、そして、面接の終盤になると、面接係員が転職者である面接者にたいして不安や疑問に思うことを質問できるチャンスがあります。面接官側が、「何か聞いておきたいことはありませんか?」と。と尋ねられた時に緊張して慌ててしまう可能性もあると思います。こういった場面に備えて、予め会社や仕事に対しての疑問点などの(あなたからの質問を)用意しておいた方が良いかもしれません。冷静になればいくつか疑問点は出てくるはずです。ぜひ、やってみてください。

転職活動をする上での最後に残る厄介な問題として、今勤めている企業からの退職があります。

転職活動の最後の難問として、現在勤めている企業からの退職があげられます。転職先の会社から採用の内定を得たとしても、現在、所属している企業があなたを引き留めることもよくあります。仮にそうなったとしても、何があっても退職をあきらめない、という強固な意思を持つことが必要といえます。もしも引き留められて、残ったとしても一時辞めたいと思った会社は、遅かれ早かれ関係が終わることになります。会社の規定をチェックし、退職までに必要となる日数を超過する年月以降で退職日を決め、退職届を用意しましょう。その後、決定権を持っている上司と直接話をし、退職を撤回する考えはありませんと、キッパリと伝えましょう。「円満退社」をすることも転職活動のひとつです。

かつての私は、転職サイトを利用するよりも、いつも「ハローワーク」で探していました。

以前は、「転職サイト」ではなく、「ハローワーク」で仕事を探していました。どうしてかというと、規模の大きな「転職サイト」は、特性上、都心部での求人情報がメインになっているためです。なので、求人を探す際は、「ハローワーク」しか利用していません。求人募集をする企業の知名度や給料は劣りますが、昔から地域に寄り添った企業が多く、都心部以外での転職をするときには重宝します。また、「ハローワークを利用したことがないから不安」というイメージがある方も多数いるかもしれません。ですが、理想に近い企業が掲載されているかもしれないので、近いうちに転職したい場合は、ハローワークへ足を運んでみてください。大手転職サイトのようにこれでもかというくらいのお知らせやメールの心配も無用です。

日本には古来より「石の上にも三年」という生きていくうえで格言となるべき言葉があります。

「石の上にも三年」という生きていくうえで格言となるべき言葉があります。大正末期から昭和初期にかけて原型がつくられた、「終身雇用制度」もなくなりつつある現在、「転職」を経験するのが自然なこと、としてとらえている人が多くなってきています。とはいうものの、「転職」が誰にとっても身近な存在になったからといっても、軽率に転職をしようとするのは、今後のためになりません。実際に転職しようと考えるなら、タイミングを図る必要があります。まず第一に、今やっている職場、具体的に、例えば仕事内容や待遇面について不服に思っている点を10個前後、紙にリストアップしてみましょう。そうしておくことで、再就職に良いヒントを与えてくれます。そして、もしおおまかな進路が見いだせたら、早めにより良い仕事ができるように取り組むことが大切です。

先日転職の準備をしようと人材会社へ登録に行きました。

3日ほど前転職のために人材バンクへ登録をしに行きました。そのとき登録カウンセリングをするために出てきた担当者の雰囲気が見たところ学生と見間違うほどの若い社員で、私の話の5割ほども理解できていない様子です。にもかかわらず「キャリアデザインがよくないですね」とか「自分の強みについてもっと考察することが重要です」等、大上段から横柄にのたまうからとてもイラつきました。カウンセリングを担当させるのはそこそこ能力のある方に、するべきだと思います。

将来に目を向け、楽しい気持ちを持ちながら転職と向き合えれば、…

将来に目を向け、期待をもって転職活動ができれば、精神的に負担を感じることもないので、転職期間に堕落はしないですみます。メンタル面が健全であれば、割と早く転職先も見つけられるはずです。そうするには、やはり、休職によるブランクをつくらず新しい職場を見付けることが重要です。現在の会社を退職せずに次の仕事を見つけるのがベストだと思います。それに、ブランクをなくせば今の仕事を辞めたあと、すぐに働けます。そのようにしておけば、職歴の空白期間をなくせるため、将来に響くこともありません。要するに、再就職の際にマイナスの要因がなくなるということです。先を見据えて、上手に転職活動を進めてみましょう。