もしあなたが転職を視野に入れたとき、「Uターン」「Jターン」な・・

仮にあなたが再就職をする場合、「Uターン」「Jターン」にて…

もしもあなたが再就職を視野に入れたとき、「Uターン」「Jターン」など、都会から郊外・地方に移住したうえで転職したい、と興味を持つ人が増える中、実行に移している人もたくさんいます。近年は求人情報サイトをうまく活用すれば、地方での求人情報もいつでもアクセスできます。ですが、地方や郊外での求人に関しては、大都会ような選択肢がないのが事実、難点でもあります。といった問題があるので、求人サイトを使用するのは当然ですが、転職サイトとともに、その地方の自治体や商工会議所の情報サイトもきちんと確認してみてください。「地方自治体・商工会議所」などの行政が主催している転職サポートに関する情報も注意してみておきましょう。

転職なら、もちろん仕事のやりがいアップと共に加えて賃金が上がるこ…

転職先を探すとき、言うまでもなく仕事のやりがいアップも重要だけど加えて年収が上がることも大切なので「年収サイト」というところに登録してあらかじめ研究しています。同一の会社でその上一緒の職種、社歴であるにも関わらず人によってすごく幅がある場合も数多くあり、正直なところ面接の際質問をしたことがあります。面接をした人も一緒のサイトをよく見ていたみたいで「高い収入で書かれているのは、書いた人も誰だろうと見通しがついているんですけどね、多分格好をつけてるんですよ。低い方の収入で心づもりしといてください」とのことでした。

転職の時の面接で着用するビジネススーツの色味は、新卒の…

転職の面接で必要となるスーツの色味は、新卒の就活に準じた色味が基本です。言い換えると、黒や紺といったような暗めの色合いになるわけです。それは再就職の場面であっても、着用するスーツのカラーはこういった落ち着いた色が圧倒的多数であって、他の色のビジネススーツの人は圧倒的に少ないです。あえて言うならば、ごくたまにグレー系のスーツを着用している方が若干いるくらいで、大方は黒や紺色とかのビジネススーツがほとんどなので、人事の方から見ても多数を占めるカラーを着用している人の方が自然です。ですから、身だしなみ、という面においてはおすすめしたいのです。

近い将来、私たちの社会的環境において着々と単純作…

これから、労働力という観点において徐々に簡単な仕事は機械で処理されるようになっていき、当然の結果として必要な稼働人口はどうしても減っていきます。というのも、単純労働においては、人間よりも機械を稼働させたほうが圧倒的に強いからです。例えば、数をカウントしたり、同じ作業を延々と繰り返すことは機械ならへっちゃらです。当たり前のことながら人と違って不平不満を言わないし、疲れることがありません。また、ずるもしない、正確だし均一化できる強みもあります。加えて、人と違って給与が発生しないのもメリットといえます。なので、労働力として人を使う理由がなさすぎます。機械化されるのは自然といえます。

将来的に転職活動をされるなら、良いと思う求人(OR 職種)…

転職活動をするという時は、気になった求人(または業種)があったら、100%「〇〇業、ブラック」でネット検索し目を通しておくべきです。求人票や転職エージェントからはその業界に関するマイナスとなる面は、アドバイスはないものと思っていてください。もしも、ブラック案件が蔓延している業種なら、ネット検索でいとも簡単に実態を知ることができます。そういう実態を理解しないまま、仕事を始めてしまうと、あとでガッカリしてしまうおそれがあります。その求人が出ている理由が、「仕事内容がキツイからなかなか人が定着しない」というケースが多くを占めるため、気になった業種について、納得できるまでチェックして応募するようにしましょう。

今の自らの職場や仕事に対する何かしらの不満に思うことがあるはずです。

今の自分の職場や業務の中身についてほとんどの人は、何かしらの不満を感じているでしょう。「自身の持っている資格やスキルをきちんと評価してもらえない」ゆえに、「給料アップも、出世も出来ない」といった点が多くを占めるでしょう。しかし、そんな風に感じている人の中には、自分自身の本当の能力を「過大評価」してはいないか、再確認しておく必要があります。仮に、自分を過大評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、「自分が活躍できるチャンスがこの企業や職種にはない」と転職の空白期間が長くなるおそれがあるので、要注意です。可能性が少なからずあります。ですから転職活動を効率的にしていくためにも、自分のスキルや能力を客観的に見つめることから始めてみましょう。

転職の時に行われる面接時の身なりは会社側からクールビズで良いと…

職を変える際の面接についてですがクールビズでも大丈夫ですよと言われる場合があります。ですが、クールビズの格好は社会人として常識に欠けるのでは?と感じてしまいます。そのような思いを心に抱いている方にアドバイスしておきたいのは、クールビズで来るように言われた面接の場面では伝えられていることを実行したほうが無難です。色々悩みすぎて、夏の暑いときにきちっとしたスーツの格好をしていくと不自然な印象を持たれてしまいます。ですから、企業側からクールビズで来てくださいと記載されていたらクールビズのスタイルで行く方がいいですよ。

転職活動をしていると、面接のときに「志望動機」「転職理由」の2点は間違いなく質問されます。

転職活動をしていて面接において「志望動機」「転職理由」の2点は絶対に質問されます。志望動機に限っては、率直に伝えてもOKですが、これとは違い転職理由についてストレートに伝えるのは得策ではありません。例をあげれば給与に対する不満、同僚や上司とのトラブルなど、聞き手があなたに良い印象を持ってくれる可能性は少ないです。たぶん、自分が不利になることをストレートに話す人は極めて稀だと思いますが、採用担当者はそういった点に関心を持ちやすいので、遠回しに聞き出そうとしてきます。現職の不満を回答しないためには、現職の仕事内容以外を話しないのが基本です。加えて、この会社に入社してこんなことを実現したい、「3年後にはこうしている、5年までに〇〇を叶える」、「このような私の目標達成のためには、御社が必要なんです」、といった形で話をすり替えてポジティブな印象を与えるようにしましょう。

転職時は、いろんな方法で情報を収集するのが通常だと思います・・

転職するときは、いろんな方法で情報を集める人が大半だと思いますが、転職系の口コミサイトはとても役に立ちます。少し前に、会社の損失となりかねない口コミが掲載されたからという理由で、サイト運営会社を相手に損害賠償請求を起こしたケースがありました。辞めさせられた社員の腹いせとしてその手の口コミが投稿された、と見るのが一般的ですが、解釈を変えると、投稿の内容が嘘であれば、会社としては気にする必要はないはずです。または、現実は『クロ』で「本当のことが書かれているので、急いで炎上をしずめよう」と考えている可能性もあります。「口コミサイト」も炎上するネタが出来ることでアクセス数がアップしたり、サイトの存在感を示せるチャンスになるので黙認していますが、好ましくない内容の口コミが目立つのは、その分トラブルが発生するリスクが高い地雷企業であると考えてもいいと思います。というか、本当にいい会社であればトラブルなんて発生しません。

転職は、最初の第一歩は希望する企業とのやりとりというより・・

スムーズに転職したい時は、企業そのものよりも、採用担当の面接官との勝負が大半といえます。面接で成果を出すためにも、まずは普段通りを意識して焦る気持ちを抑え、平常心を意識しましょう。たとえば素敵な女性とのお見合いのような気分でいる、望むと良いでしょう。面接ではまず第一にあなたの中身を評価されるのでマイナスな印象につながる身なりは注意しゼッタイにやめましょう。なおかつ品性の有る雰囲気やT・P・Oなどに応じて面接に適した綺麗な服装で望みましょう。ある意味のオーラを感じさせることが大事になります。面接官に健康的で魅力がある人物と認識されれば、かならず転職活動はかなり楽になります。