生涯初の失業保険をもらうときに、じっとしていれば給付されると思っている人…

生涯初の失業保険を受けるときに、「何もしなくても自動的にもらい続けられる」と考える・・

  • 生まれて初めて失業保険の給付を受ける場合、「自動的にもらえる社会保障」と考えている人がほとんどだと思いますが、それは誤解です。実は、希望通りにもらい続けるためには、条件として求職活動を行っていることが必要で、加えて、毎月一回はハローワークに通う必要がある。1ヶ月間隔でハローワーク職員との面談を行い、真面目に就職活動をしていることを理解してもらえれば翌月の保険給付が行われるシステムです。なお、真面目に就職活動をしていないと判断されたり、月に一度のスタッフとの面談に参加しないときは、有無を言わさずに給付の一時停止となったり、ケースによっては以降の給与資格をなくしかねないので、そうならないために注意が必要です。
  • 『転職をしたい!』と思っていて、将来の進路がハッキリしているのなら、…

  • 『なるべく早く転職をしたい!』と考えていて、自身の意志が強いのであれば、辞めたいということを速やかに上司に伝えましょう。なぜならばこのときに相談という形を取ると、もしかすると言いくるめられる確率が高くなるので気をつけましょう。また、実際に私自身も上司に転職の相談をしたところ、話がこじれて最終的に、退職までに半年ほど掛かってしまいました。辞めたいということを当初、直属の上司へ相談をしたのが年度末だったのですが、いろいろあって退職が受理されたのが同年の11月です。予定としては、仕事の落ち着いた年度末いっぱいで辞めたかったです。希望通りにはいきませんでした。やっぱり職場サイドとしても、人事の都合があるのかもしれませんが、スタッフの要望を聞かないまま、上司を含め、会社ぐるみでズルズルと伸ばされたので、心底以前にも増して困ってしまいました。
  • 派遣で働いています。派遣法と労働契約法により不本意です…

  • 派遣で働いています。労働契約法のからみで残念ながら長く働いた派遣先の会社での仕事がもうすぐ終わります。同じ派遣である方の中には、派遣で働いている会社で直接雇用の地位をつかんだ人もいるのですが抜擢された理由としては実際のところ仕事が優秀というわけではなく派遣先上司へのあしらい方が上手で引き立てがあった模様。職務を遂行する能力よりもおじさん転がし能力の方が重要なんじゃないのと選考に漏れた別の派遣の仲間と派遣先の会社で愚痴を言う日々です。
  • 最近スマートフォンを見ればネットで見られる世界には「転職に関するサイト」と呼ばれるもの・・

  • 近頃はPCを使えばネットのエリアには、要するに「転職に役に立つサイト」と呼ばれるものがあちこちに存在しているのをご存知でしょうか?その相当な数のサイトから自分自身に合った転職先を見つけたいなら、とりあえず情報が大事ですから収集が欠かせません。サイトをしっかり活用することで、スムーズな転職先探しができます。客観性と正確性を持ち合わせた優良なサイトがある一方で、情報更新が遅く、粗悪な内容ばかり掲載しているサイトもあるので、注意が必要です。まずは、信用に値するサイトかどうかを見極めることが大事ですから他と比べつつ、厳しくチェックしてみてください。
  • もしもあなたが、とらばーゆの決定したなら、完全に周囲・・

  • もし、転身を意思を固めたのなら、徹底的に会社にはそれを言わないように、首尾よく転職活動を進め、働いている間は可能ならば会社内の人に悟られないよういつもと同じように業務をこなすのがたいへん無難です。現職中、その姿勢を保っていれば、希望通りに希望に知った転職先を見つからなくても、転職時期を見合わせながら、現職を継続してもトラブルの心配がありません。でも「転職するつもりでいる」と口にすると、周囲の人は、それを受けた対応をし始めます。そればかりか「辞めるつもりです」と一言でもいえば、周囲には「あの人はもうじき転職する」と広まります。そういったシチュエーションのあとで、転職したい思いが消えて、「やっぱり辞めないことにしました」と釈明しても、周囲の人たちは、「一度は仕事を辞めようとした人」ということで在籍中ずっと、身の置き所がないと感じるリスクがあります。
  • 安定性を手に入れるために「正社員」を狙っている人はかなり多いのが現実だと思います。

  • 安定的な暮らしを欲しがって正社員を目指す人は多数だと思います。ところが、役立つスキルを身に着けたりしてかなり頑張っても、中々正社員のためのキャリアアップが現実化しないこともあります。非正社員の求人募集を見たとしても、正規雇用の求人以外を見ないでもやもやした日々を過ごしている人は結構多いようです。しかし、中々転職先が正社員として迎え入れてくれないのなら、非正規雇用者の求人募集にも目を通してみましょう。契約社員や派遣社員を募集している企業であっても、働き手の活躍の度合いによって2,3年で正規雇用にステップアップを狙える可能性もあるからです。ですので採用面接を受けているあいだに、「正社員登用」の有無を尋ねておけば、今後の役に立ちます。
  • 転職のための面接では気を付けておきたい点があります。

  • 転職のための面接では押さえておきたいポイントがあります。担当者から「転職理由を聞かせて頂けますか?」という風に、高確率で質問されます。その場合、どんな事情があっても、過去の職場の「人間関係」「労働環境」についての不満に受け止められる返しなどは、可能な限り話すのはやめておきましょう。というのも、そのような内容をうかつに喋ってしまうと、採用のチャンスを無駄にしてしまいかねません。面接では「ポジティブ」な人物であると印象づけるのがかなり大切です。、実際の理由とは違っていても、「新しい職場で、自分の能力をより発揮し、戦力として必要不可欠な人材になる所存です」のような未来に目を向ける形が理想です。
  • 「シフト制」の仕事に関する話なのですが、決まった・・

  • シフトのある仕事についての話なのですが、毎週、同じ曜日に勤務できる人を募集する求人をけっこう見るのですが、シフトの出し方や休み方について、前もって確認しておいた方が良いです。それはなぜかというと、私は以前出産のため休む人の代わりにと正社員として入社したのですが、私のシフトがそこが「土日」固定のシフトで、新入社員の私以外、誰も現場にいませんでした。産休に入った人が土日は必ず出勤していたので、私もそう思われていたみたいです。実際「土日」に冠婚葬祭の予定が入った場合、シフトを変更してもらう必要があり、職場の先輩たちに「結婚式で休むので代わりに出ていただけませんか?」と私自身が交渉しないといけませんでした。立場も給料も同じなのに土日を1人の人に任せるって・・・思い返してみると「よく耐えたな」と。
  • もしも転職したいと考えているなら、事前に資格を取るのがおすすめです。

  • もし転職を考えているのなら、先に資格を取るのがおすすめです。とくに、職場に籍をおいているあいだに、資格を取得しておけば、転職に有効に使えるので、新たな仕事を見つけやすくなります。そういうわけで、在職中であり、かつ転職活動前の段階が資格取得においてのベストなタイミングといえます。あなたが転職を目指しているなら、このあとに役立つ資格をとっておくと、今の職場を離れたあとも前向きに次に進めるはずです。おまけに、資格によって転職活動では資格が味方をしてくれるので面接の場では担当者に戦力として使えるとみなされ、これまでの職場より待遇も良くなる可能性が高いです。
  • 大好きなジャンルの仕事に就きたいと思っている方は注意が必要です。

  • 得意なことや大好きなジャンルの仕事に就きたいという風に思っている方は気をつけた方が良いです。私が実際に体験したことなるのですが、私自身、もともと食べることが本当に大好きでそれが理由で、過去には、料理店(レストラン)で働いていました。その飲食店での業務は、その飲食店で任されていた業務は、シンプルな盛り付け作業やホール業務でした。この仕事内容に関しては、嫌なこともなく楽しんで働いていました。けれども、人間関係ですごく嫌になりました。そのことが引き金になって、職場を離れることになったのですが、その結果、あんなに好きだった食べること、そしてそのレストランで提供されていた食べ物も苦手になってしまい、その系列の飲食店はしばらく経った現在も行く勇気がありません。当時の匂いを思い出すだけで辛くなります。仕事を始めた頃は、好きだった店が嫌いになってしまいました。自分の得意なことや好きなジャンルの仕事に就きたいと願うのは本当に素敵だとは思います。しかし、あなたの「好き」はどのレベルのものなのか、もう一度自分自身と向き合う必要があります。