働くことによって精神的に厳しくなって、転職せざるを得ない状況になったのなら…

働くにあたって回復が難しいほど心的なダメージが増え…

会社で何かあって精神的に苦痛を感じてしまい、転職しなくてはいけない状況に至ったなら、職場の人と相談するより自身の家族に相談したうえで、会社を辞めるかどうかの判断をしてみましょう。なぜならば、働くのはあなた自身のためでもありますが、身内の問題でもあります。どれだけ高給を得られたとしても精神がボロボロになるまで仕事をすることは良いはずがありません。今の時代は物質的な豊かさよりも、働きやすさが優先で前提にする生き方が尊重される時代です。ですからあまり気にせず、あなたの身内、あなた自らの心と体の健康を考えていきましょう。

看護師という職業の人の他の職業に転職する理由は人によりけりです。

看護師でありながらほかの職に転職の理由はその人それぞれではないでしょうか。どういう理由が多いかというと看護師からの転職するには「職場環境に付き合いづらい同僚や上司がいる」「結婚がきっかけで配偶者のこともあって出産そして子育てそれから家族の介護など、環境の種々の変化など、これまでと同じようには働き方ができなくなった」「現在の稼ぎに不満がある」といったような悩みが考えられますね。しかし、転職を実際に決断するまえに、転職したいと、ゆっくり冷静に、現状を見つめ直すことも大切なことです。「本当に転職する意味があるのか?」ともう一度考えたうえで決断してみましょう。

女性の転職に際して、数年前と現在と少なからず、状況が変わりつつあります。

女性の転職において、今現在と数年前では少し変化があるといいます。以前は面接のなかで、「結婚観」や「出産後の予定」など、ごく当たり前に質問されることもありましたが、今の社会では、その手の内容は、「セクハラ」にあたるとして、質問しない会社の方が増加傾向にあります。世間に名の知れた大企業ほど、神経を尖らせているようです。ですが実際、企業側は、はい・いいえ、だけでなく、その女性の価値観、結婚した後も働きたい、出産後は時短で働きたいなどを漠然とは知っておきたいとは思っているはずです。自身の将来設計を知ってもらうためにも、志望の動機や自己ピーアールと並行して表現することで、相手方も考えがわかり、また、モヤモヤも解消できると思うわけです。たとえ、質問されていない箇所についても、こちら側から積極的に答えてみると良いでしょう。

転社を度々しないための対策が一つだけあります。

転職を繰り返さないためには、コツが要ります。スキルアップもそうですが、メンタル面を鍛えると、そう簡単に転職を繰り返すことがなくなります。今では、インターネットがあるのでメンタル面を鍛えるための自己啓発系の情報はたくさんあります。そして、転職以外の行動によっても、精神を鍛えられます。たとえば「外国に行くこと」です。海外旅行に行くと、言葉も文化も日本のそれとは全く異なるので、とにかく刺激が山ほどあるのです。なので、帰国してからも心境の変化が生じるはずです。日本に帰ってくると、「自分の視野の狭さ」にビックリしたりして、「世間の小ささ」というものを実感することができます。その気持ちのまま(転職のための)面接に向かえば、今までの面接とは違い胸を張った面接になるので良い方法です。どうしても、退職してすぐは、精神面がダメージを受けやすいのでその後のために休暇も必要です。

転職時、とても重視されるのが間違いなく「面接」になります。

再就職をする場合、比較的重要視されるのが「面接」です。ふつうの面接では、応募者に転職に至った理由や退職理由などいろんな質問が飛んできますが、面白いことに面接の終わり頃になりますと、次は、転職希望をする人からの不安や疑問に思うことを質問できるチャンスがやってきます。面接担当者から「なにか弊社について疑問点はありませんか?」と聞いてくれるわけです。こういったときは、面接者本人が対応できず、アタフタしてしまうかもしれません。そうならないためにも、予め面接官からの問いに際し、答えをいくつか考えておくのもいいかもしれません。実際に仕事を始める前の段階であっても、いくつも疑問点は浮かぶはずです。ぜひ、試してみてください。

転職活動における最後の壁として、現在勤めている企業からの退職があげられます。

転職活動をする際の最後にクリアしなければいけない問題として、今勤めている会社の退職があげられます。転職先を見つけても、今いる企業があなたを慰留するというのもよくある話です。そのようなケースでは、困難に負けずに退職する、という強い気持ちを保つことが求められます。引き留められて、一時的に収まったとしても、一度辞めたいと思った会社には、最終的には愛着もなくなってきます。退職を効率的に行うには、会社の規定に目を通しておき、退職までに必要となる日数を超過する年月以降で退職日を決め、退職届をきちんと作成しましょう。そのあとで、決定権を持っている上司と直接話をし、退職を考え直すことは絶対にありませんと、堂々と伝えます。円満退社になるよう心掛けるのも転職活動を成功させるためには必須です。

今まで私は、「転職サイト」を利用するより、いつも「ハローワーク」を利用していました。

前は「転職サイト」を利用するより、「ハローワーク」を優先していました。理由は、大手の転職サイトはなぜか都心の求人情報しかないからです。そのために、転職活動をする際は、「ハローワーク」に頼ってばかりでした。もちろん、求人募集をする多少企業の知名度や給料は劣りますが、古くから地域密着型なため、都心部以外での転職をするときには重宝します。「ハローワークって地味な雰囲気がある」と感じている方も少なからずいるかもしれません。でも、良い求人もそこそこ掲載されているので転職するべきか検討中の方は、お近くのハローワークに1度行って、確認してみるのもアリだと思います。大手転職サイトのような多くの電話・メールが執拗に送られてくる心配もありません。

日本には”石の上にも3年”という諺もありますが、1998年に派遣法において対象業務が自由化したととも…

”石の上にも3年”という生きていくうえで教訓となるべき言葉があります。昨今、「終身雇用制度」は過去のものとなってきています。定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、「転職」を経験するのがとても身近なものになってきました。しかし、「転職」が当たり前になったからといっても、安易にそれを選択するのは考えものです。転職するつもりなら、タイミングを図る必要があります。はじめに、今現在の職場、仕事について具体的に、何が不服なのか、何が不適なのかを少なくとも5、できれば10個ほど、紙に書き出ししてみましょう。そうしておくと、再就職に良いヒントを与えてくれます。そしてあなたが、いつか決断した時には決断を早めにし、良い仕事を手に入れられるようにトライしてみましょう。

仕事を探すために人材紹介会社へと登録に向かいました。

3日ほど前新しい仕事を見つけるために人材バンクへ登録をしに行きました。登録カウンセリングの際に出てきた担当者が見たところ仕事に慣れていない社員のようで、こちら側が説明をしていることの50%ほどもわかっていないようでした。それに加えて「このキャリアデザインではダメですね」とか「自分の強みは何なのか考えることが必要です」等、一人前の話を横柄にしゃべるから大変嫌な気持ちになりました。カウンセリング担当者はそこそこ能力のある社員に、するべきだと思います。

将来に目を向け、楽しんで転職活動ができれば、メンタル面での負担も少ないの・・

将来に目を向け、たのしい気持ちでいながら転職活動と付き合っていけば、精神的に重荷を感じることもないので、転職活動の間に堕落はしないですみます。それに精神的な部分が元気なままでいれば、割と早く新たな転職先も見つかるはずです。一番良いのは、スムーズな隙間のない時間で新しい職場に飛び込むことが大事です。現在の会社に勤めながら、次の職場を探すのが理想です。しかも、ブランクをなくせば退職後、直ぐに働けるので、経済的な心配もありません。そうすると、仕事をしていない期間はできませんから、履歴書にもキズがつかなくて済みます。要するに、転職の際に不利になることがないということです。今後のことを考えつつ、転職活動を進めてみましょう。