もしもあなたが転職を希望したとき、「Uターン」「Jターン」…

もしあなたが転職をするとき、「Uターン」「Iターン」といった具合に…

あなたが転職を視野に入れたとき、「Uターン」「Jターン」「Iターン」において大都会から地方へと移住したうえで転職してみたいと感じている人が増加傾向にあり、事実、実践している人も多くいます。今のネット社会では求人情報サイトを活用すれば、地方・郊外での求人情報にも簡単に得られますが、しかし、地方での求人については、大都会の場合よりも、数が少なく良い条件も少ないので、その点がマイナスといえます。ですから、転職サイトだけを頼りにし過ぎてしまうのは考え物です。転職サイトに加え、その地方の自治体や商工会議所の情報サイトもチェックしておかれることをお勧めします。「地方自治体・商工会議所」といった役所などが定期的に開催している就業サポートのイベントにも注意してみておきましょう。

転職にあたっては、むろん仕事におけるやりがいアップも大切だけ…

転職先を考えるにあたって、仕事のやりがいアップと共にそれだけでなく年収が上がることも大きなポイントになるから「年収サイト」に登録して前もって研究をしています。全く同じ会社でその上同じ職種、社歴なのに人によって広い幅がある場合も複数あって、正直なところ面接を受けた時に質問したことがあります。面接をした人も同じサイトを見たことがあるようで「ああ、高い年収で書かれているのは、書いた人間について誰だか予測はついているんですけどね、おそらく良いように見せようとしてるんですよ。低い方の給料だと考えておいてください」とのことでした。

転職の時の面接で着用するビジネススーツの色に関しては・・

仕事の面接で着るスーツの色に関しては、新卒の就活の時に準じた色合いが一般的なルールとなっています。つまり、黒とか紺色などのような落ち着いた色になります。それは転職のケースであっても、着ていくビジネススーツの色合いに関してはこういう暗めの色が圧倒的に多くて、そうでないカラーの人はほぼ見かけることはありません。それ以外の色と言うと、グレーが少しいるほどで、全体的な割合をみても紺色や黒色のスーツが圧倒的に多いので、面接を行う人事から見てもそういった色であるほうが当たり前であるかのように見えますから、身だしなみ、という観点においては推奨したいわけです。

将来、私たちの社会的環境においてますます簡単な作・・

私たちの労働環境は、これから段々と簡単な労働は機械に変換されて当然の結果としてそういう仕事をする人員はどう考えても削減させられてしまいます。なぜかというと考えなくてもできる労働はヒトよりも機械で進めたほうが比べられないほど利便性にすぐれているからです。例えば、数を数えたり同じ作業を反復したりすることは機械では当然何の苦もありません。当たり前のことながら人間とは違って不平不満を言わないし、疲れ知らず、横着をすることもないし、何より正確ですし、均一化できる強みもあります。また、給料が発生しないのもメリットといえます。こういったことから、労働力として生身の人間を使う意味が到底無いため、機械化が当然といえます。

これから先、転職活動をされるなら、気になる求人(業界…

あなたが転職活動をされているのなら、気になった求人(業種)を見た際にしっかり「〇〇業、ブラック」とインターネットで検索してみましょう。求人票や担当してくれる転職エージェントからはまずその業界のマイナスにあたる箇所は、知ることはできません。仮にブラック案件が蔓延している業種であれば、インターネット検索によってカンタンにいとも簡単に本来の姿を理解できるでしょう。そういう検索をしないまま、入社すると、直後に落胆してしまうおそれがあります。そもそも求人が出ている理由が、「内容がきつく、人の出入りが激しい」といったケースが多くを占めます。目に留まった業種について、きちんと調べ疑問点を払拭した上で、応募しましょう。

今現在の自身の職場や業務についてほとんどの人は、少なからず何かしらの不満点を感じているでしょう。

今現在の自身の職場や仕事の中身について何かしらの不満点があるはずです。「自身の能力(スキル)を正しく評価してもらえない」そのため、「報酬は増えず、将来的なレベルアップもまったく期待できない」といった不満を挙げる人が少なくありません。でも、そういった不満を持っている人の中には、自分の持っている力量を実際よりも過剰評価していないか、改めて確認する必要があります。仮に、過大評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、「この企業や職種では、自分を活かせない」と転職がうまくいかないおそれがあるので、要注意です。可能性があるので、注意しなくてはいけません。ですから転職に当たっては実際の自身のスキルや能力を今一度、厳しく評価してみることから始めてみましょう。

転職の時に行われる面接時の身なりは企業側からクールビズでお越しくださ…

再就職の時に行われる面接時の身なりは会社側からクールビズでお越しくださいと書かれていることもありますが、クールビズで行くのは良くないのでは?と疑ってしまうこともあります。そういう悩みを懐に抱え込んでしまっている人に伝えたいのは、クールビズでも大丈夫だと言われている面接については言われた内容を守った方が無難です。疑心暗鬼になってしまい、夏の暑いときにしっかりとスーツを着用すると不自然な印象を与えてしまいます。ですから、企業側からクールビズでも大丈夫ですよと記載されていたらクールビズで大丈夫なのです。

転職活動で面接で高い確率で質問されるのは志望動機と転職理由の2つです。

転職活動をやっていると、面接において例外なく質問されるのは志望動機と転職理由の2つです。このうち志望動機については、隠さずに話しても差し支えないですが、これとは異なり転職理由について隠さずに伝えるのは得策ではありません。例をあげれば報酬に関する不満、同僚や上司とのトラブルなど、採用担当者によいイメージを持ってもらえるものではありません。自分の得にならないことをストレートに話す人は極めて稀だと思いますが、転職先の企業の多くは、そういったマイナス箇所に関心を持っているため、慎重にあなたへ「探り」を入れてきます。これに対して現職の不満を言わないように答えるには、現職の仕事内容から脱線する箇所には一切触れないことです。そして、この会社に入ってこんなことを実現したい、「5年後にはこうなっているだろう」、そのために御社を選びました、と巧妙に話をすり替えましょう。

転職を行うにあたっては、様々な手段で情報を得ることが多いと思います…

転職活動を行う際、いろんな方法で情報を収集する人が大半だと思いますが、転職についての口コミサイトは本当に有益です。過去に、会社に不都合な内容の口コミが掲載されたということで、サイト運営者に対して損害賠償請求をした事例がありました。辞めた、辞めさせられた社員の腹いせでその手の口コミが投稿されているという見方が一般的ですが、裏を返せば、口コミの内容が嘘であれば、書かれた会社側が気にする必要もないはずです。しかしながら、現実は『クロ』で「真実が知られてしまっては困るから、はやく炎上をしずめよう」と思っている可能性もあります。口コミサイトも囃し立てることでアクセス数が増えたり、サイトを注目してもらえるチャンスがあるので黙認していますが、好ましくない口コミが多いというのは、その分入社後に厄介事が降りかかる可能性も高いと判断して良いはずです。そもそも、善良な会社だったらトラブルなんて発生しません。

転職とは、企業そのものというより、正確には「担当面接官」との…

転職活動を成功させたい場合、企業とのやりとりよりも具体的には「担当面接官」とのやり取りが重要といえます。しっかりと採用してもらうために、ゼッタイに緊張せずに冷静に対応することを心がけましょう。例を挙げると素敵な女性とお見合いするかのような姿勢でいる向かうと良いでしょう。更に大事なことは面接では先ずあなたの中身を判断してもらうので誤解を招くような見た目・言動は注意しゼッタイにやめましょう。また良識ある社会人らしく面接に適した服装(T・P・O)を意識しておく必要があります。あなたらしさを表現できるといいでしょう。企業にとって必要な人材と感じてもらえれば、良い結果で転職活動を終えることができるでしょう。