会社で何かあって回復が難しいほど精神的に厳しくなって、…

仕事のせいで心的にとてもつらくなってしまい、職場を変えなくてはいけない状況になったのなら、…

  • 仕事のせいで回復が難しいほど心的にとてもつらくなってしまい、職場を変えなくてはいけない状況に至ったなら、そんな時は、会社(の関係者)と相談する以上に、身内に相談したうえで、その後の進退を判断した方が良いです。なぜならば、仕事をするのは自らのためでもありますがしかし。同時に、身内の問題ともいえるのです。どんなに高給を得られたとしても精神がダメージを負うほど我慢しながら延々と仕事をするのは好ましいはずがありません。今の時代は、金銭的なことよりも、働きやすさを大事にしたって良いはずです。あなたの家族とあなた自身の心と体も大切にしましょう。
  • それと違う職業に転職を決断する理由は、一人ひとり違います。

  • 看護師という職業の人のほかの仕事に「転職しよう」と思う原因はその人それぞれではないでしょうか。考えてみると看護師が他の仕事への転職には「職場環境に関わりたくない人がいる」「結婚がきっかけでライフスタイルの変化によって出産・子育てそのうえに親の介護など、いろいろな環境の変化など、これまでと同じようには働き方が厳しくなってしまった」「現在の収入面で不満を感じている」など、さまざまな理由があるのでしょう。しかし、転職を実際に決断するまえに、「どうして自分は転職しなくてはいけないのか?」と思うに至った理由をリラックスしながら現在の状況を客観的に見つめ直すことも重要です。「実際に転職して現状が良くなるのだろうか?」と再考してから決断されることを強くお勧めします。
  • 女性が転職する際、今と数年前では若干、変化があるといいます。

  • 女性が再就職する際、一昔前とここ最近とでは多少の変化があったりします。以前は面接の場で会社側から、「結婚観」や「出産後の仕事」などに関して、質問されることが珍しくありませんでした。しかし、最近では、こういった内容は、セクハラと企業側が捉え、質問を避ける会社が増加傾向にあります。また、とりわけ大企業ほど、この手の質問に神経質になっています。でも、会社側としては、はい・いいえ、だけでなく、その女性が、結婚後は退職するのか、出産後の具体的な対応を当然、知っておきたいとは思っています。自身の人生設計を知ってもらうためにも、自己ピーアールや志望動機と併せて表現することで、会社側にもしっかり伝わり、また、モヤモヤも解消できると考えられます。そういうわけで、質問されていない箇所もあなたの側から積極的に答えておくのが良いです。
  • 退職と転職を繰り返す日々を止めるための方法が一つだけあります。

  • 退職と転職を繰り返さないための方法が一つだけあります。スキルアップもそうですが、メンタル部分のスキルを磨くと、転職を繰り返しません。今ではインターネットを用いて精神面を強くする自己啓発系の情報はカンタンに知ることができます。さらには、転職以外の行動によっても、メンタルを鍛えられます。その行動とは、海外に行くことです。外国は、言語、文化、生活様式など、違うことばかりなので、どんな瞬間も勉強になります。なので、精神的な成長は、予想以上に得られるはずです。帰国すると、「自分の見せている世界はこんなに小さいのか」と気づき、世間はこんなにも狭かったのだということを実感することができます。その気持ちのまま転職先を探し直ぐに面接に行くと、これまでとは格段に違い自信満々に自己アピールができるはずです。ただ、退職後は精神的に弱くなりがちなので、気力が回復したと思えるまで、しっかり休みましょう。
  • 転職時に重要なのが「面接」なのは間違いありません。

  • 転職活動では、比較的重視されるのが「面接」なのは間違いありません。大半、面接の際は、面接担当者が応募者に転職に至った動機などさまざまな質問を投げかけるでしょう。そして、一通りの質問が終わると、次は、転職希望者から、面接担当者へ逆質問に切り替わるのが普通です。面接担当の方から「何か聞いておきたいことはありませんか?」と。そういった質問が来たときは、面接者本人が対応できず、急なことなので戸惑う事もありまよすね。後で後悔しないためにも、前もって面接担当者からの質問に対する、答えを準備しておくことをお勧めします。実際に働く前の段階で、よく考えておけばいくつも疑問点は見つかるはずです。ぜひ、試してみてください。
  • 転職活動をする上での最後にクリアしなければいけない問題として、…

  • 転職活動を行う際の最後に残る難関として、「現職の退職」があげられるのではないでしょうか。転職先の会社が決まっても、今いる企業が退職を慰留することもよくあります。仮にそうなったとしても、何としても退職する、という強い意思を維持することが必要といえます。たとえ引き留められて、一時的にとどまったとしても、一時辞めたいと思った会社は、結局は関係が終わることになります。退職を効率的に行うには、会社の規定に目を通しておき、退職までに必要となる日数を超過する年月以降で退職日を決め、退職届をきちんと作成しましょう。その後、決定権を持つ上司と直接話し、「退職に関しての交渉はご遠慮ください」と毅然とした態度で伝えましょう。「円満退社」で今の職場とお別れすることも転職活動の重要なポイントです。
  • これまで私は、求人情報は「転職サイト」ではなく、いつも「ハローワーク」を利用していました。

  • 前は「転職サイト」を使うより、いつも「ハローワーク」に通っていました。というのも有名どころの「転職サイト」は、どうしても都心部にある企業の求人しかないからです。であったので、転職時は「ハローワーク」のみ使っていました。やっぱり、人気の転職サイトに掲載されている求人より多少知名度は低くなりますが、古くから地域に密着した企業も多くあり、安心できます。しかし、「ハローワークはなんか地味だなぁ」と誤解している方も多くいるかもしれません。ですが、良い求人情報もそれなりに掲載されているため、もしも今の会社を辞めて転職したいのならば、参考までにハローワークへ1度行って、確認してみるのもアリだと思います。「転職サイト」みたいに多くのお知らせやメールの心配も無用です。
  • 日本には昔から”石の上にも3年”という人生において役に立つ教えがあります。

  • 古来より日本には「石の上にも三年」という人生において役に立つ教えがあります。1998年に派遣法において対象業務が自由化したとともに「終身雇用制度」もなくなりつつある現在、定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、「転職」を経験するのが自然なこと、としてとらえている人が多くなってきています。けれども、「仕事を変えること」が珍しくなくなってきたとはいえ、簡単に転職を選択してしまうのは考え物です。実際に転職したいなら、重要なのはタイミングを見計らうことです。基本として、現在の職場・仕事内容について全般的に、嫌な点をおよそ10個、箇条書きにしてみましょう。こうした作業をしておくことによって、再就職の次の一手を考えやすくなります。そして、もし将来の進む道がなんとなく見えてきたのなら、素早く、今より良い仕事を手に入れるべく自分なりに努力してみてください。
  • 一昨日転職先の会社を探すために人材バンクに登録に出向きました。

  • 一昨日転職の準備をしようと人材会社へ登録に行きました。そこで登録カウンセリングのために現れた担当者が見た感じ20歳そこそこの社員のようで、私の話の5割ほども彼はわかってはいない感じです!そのくせ「このキャリアデザインではダメですね」とか「もっと強みと弱みをはっきりさせておくことが必要です」等、わかったふうに偉そうに言うので非常に嫌な気分になりました。カウンセリングを担当する人はそこそこカウンセリングのスキルがある人にしてほしいです。
  • 将来に目を向け、たのしい気持ちでいながら再就職をすることができたら・・

  • たのしい気持ちでいながら再就職と向き合っていけば、メンタル的にも転職活動の間の堕落も避けられるはずです。精神的な部分が損なわれていない分、割と早く転職先も見つかるはずです。おすすめは、やはり、休職期間をつくらず新しい勤め先を見付けることです。現在の仕事をしながら、次の仕事を見つけるのがベストでしょう。そのうえ、休職期間をなくすことで、退職後、直ぐに働けるので、経済的な心配もありません。そういった形にしておくと、働いていない空白の期間がなく、履歴書にもキズがつかなくて済みます。すなわち、転職の時にマイナスの要因がなくなるということです。今後を踏まえて、うまく転職活動を進めていきましょう。