仮にあなたが転職を視野に入れたとき、「Uターン」「Iターン」など、…

あなたが転職を考えた場合、「Uターン」「Jターン」など・・

転職を視野に入れた場合、「Uターン」「Jターン」といった形で、都市部から地方に移り住んで再就職したいと感じている人が増加傾向にあり、事実、実践している人も多くいます。ここ最近は求人情報サイトを駆使すれば、郊外・地方の求人も簡単に得られますが、ただ、地方や郊外での求人の場合、大都会のそれよりも内容が薄く、数も少ないのが欠点といえます。そのため、転職サイトのみに執着するのも考えものです。求人情報サイトだけでなく、その地方の自治体や商工会議所の情報サイトもきちんとチェックしておくことをお勧めします。そうした機関の転職サポートの関連情報も見逃しがないようにしましょう。

転職先を探すとき、むろん仕事のやりがいアップも大切だけど…

転職先を探す際、当然仕事のやりがいアップも重要だけど加えて年収が上がることも重要なので「年収サイト」というサイトに登録をして事前に調べています。同じ会社でそして同一の職種、社歴であるのに人によってかなりの違いがあることも複数あって、正直なところ面接時に質問したことがあります。面接をした人もそのサイトをよく見ていたようで「ああ、高収入で書かれているのは、書いた者もある程度予測がついているんですけどね、おそらく見栄をはってるんですよ。低い方の年収で心の準備をしておいてください」とのことでした。

転職の面接で着るスーツの色味は、新卒の学生が就職活動の・・

転職の時の面接で着るビジネススーツの色は、新卒の方が就活の時に身に付ける色合いが安全です。ですので、黒や紺色といった感じのような暗めの色味になるわけです。それは転職の場面であっても、着ていくビジネススーツの色味に関しては新卒の就活の時のようなカラーが多数で、黒や紺以外の色の人はほとんどいません。それ以外の色と言うと、まれにグレー系のビジネススーツを着用している方が若干いるくらいで、割合からしても紺や黒とかのスーツがほとんどなのです。ですから、人事部から見ても多数を占めるカラーを着用している人の方が自然に見えます。ですから、見た目の印象という観点ではおすすめということになります。

私たちの労働環境は、この先、確実に簡単な作業は機械に置き換わっ…

この先、一段と短絡的な仕事は機械に交代させられていき結果、そういう仕事をするマンパワーは減少させられてしまいます。その理由は、考えなくてもできる仕事は人間の手を借りるよりも機械でやったほうが比べられないほど分があるからです。数をカウントしたり、同一の作業をずっと繰り返すことは機械には問題ありません。人間とは違って愚痴を言わず、肉体的な疲れもないし、ズルもしないし、何より正確ですし、均一にこなせます。おまけに給料が発生しないのもメリットといえます。ですので、労働力として人を使う理由が無さすぎるため、機械に置き代わるのも無理はありません。

将来的に転職活動をするという時は、良いと思う求人(または業種・・

転職活動をされるなら、良いと思う求人(または業界)を見るたびに絶対「〇〇業、ブラック、デメリット」でネットで検索しておきましょう。求人票やあなたを担当してくれる転職エージェントから入ってくる言葉からは、業界のマイナス点は、教えてもらえないのが普通です。もしも、ブラック案件が蔓延している業界なら、ネット検索を活用することですぐに多くの事例に触れられるはずです。そういった面を知らずに入社すると、あとで痛い目にあいます。だいたい求人が出ていた理由が「内容がキツイからスタッフの出入りが激しい」という場合がかなり多いため、目に留まった案件について、きちんとチェックした上で応募しましょう。

現在のあなたの仕事や業務に関して、ほとんどの人は、何かしらの不満を感じているでしょう。

今のあなたの勤め先や仕事内容に対して、大半の人は、何かしらの不満を感じているでしょう。「自身の持っているスキルや、仕事上での能力をきちんと評価してもらえない」それゆえに「給与は上がらず、将来的なレベルアップもまったく期待できない」といった不満が多いように感じられます。ですが、そのような不満が強すぎる人の場合、自らのスキル・能力を過剰評価してはいないか、再確認しておく必要があります。過剰評価していることに気が付いていない人が転職しようとすると、「自分が活躍するための企業や職種がない」と無駄にブランク期間ができることになりかねません。という事態を招きかねません。そういうわけで転職活動に当たっては実際の自身のスキルや能力を冷静に客観視することから始めてみましょう。

再就職の際の面接での身なりは企業側からクールビズ…

再就職の時に行われる面接時にクールビズ可とと書かれている場合もあります。ですが、クールビズのスタイルで赴くのは失礼に当たるのでは?とマイナスに考える人もいます。クールビズに関する迷いを懐に抱いている人たちに進言したいのは、会社側からクールビズで来るように言われた面接なら、書かれていることをそのまま実行したほうが間違いないです。色々悩みすぎて、汗がでる時期にスーツをしっかりと着ると不自然な印象を持たれてしまうので、クールビズで来てくださいと伝えられたらクールビズでいくのが望ましいです。

転職活動を行っていると面接において「志望動機」「転職理由」の2点について、必ず尋ねられます。

転職活動を行っていて面接時に絶対に尋ねられることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。志望動機に限っては、率直に話してもOKですが、これとは違い「転職理由」は、現職の不満をそのまま伝えたとしたら問題があります。転職理由でよくある収入面の不満、人間関係に対する不満など、面接官に悪いイメージを与えやすいものです。自分にとってマイナスになると予想されることをそのまま話す人は非常に少ないと思いますが、転職先の企業では、そういったマイナス点を重視しやすいので、あなたに対し、慎重に「探り」を入れてくるものと考えておきましょう。悪い印象を与えずに答える方法としては、現職の業務内容以外を一切話さないことです。さらに、この会社に入社してこんな貢献をしたい、「いついつまでに〇〇は叶えるつもりです」、そのために御社を選びました、と未来志向な志望動機に変えていきましょう。

転職活動をするとき、様々な経路で情報を得るのが通常だと思います…

転職するときには、色々情報収集されるとは思いますが、転職に関する口コミサイトは非常に有益です。一時期、会社に不利益となる悪い口コミが掲載されたということで、損害賠償を、その掲載会社に請求したケースがありましたが、辞めた・辞めさせられたという社員の腹いせによってそういった内容が投稿された、と見るのが一般的ではあるものの、違った視点から見れば、ウソの書き込みなら、会社側が対処しなくても良いはず、ともいえます。または、本当のことが書いてあるので会社側としては、「本当のことを書かれてしまったので、はやく火消しをしよう」という話かもしれません。「口コミサイト」も炎上するネタが出来ることで有名になるメリットもあるので黙認していますが、好ましくない内容の口コミが目立つのは、それだけ入社してからトラブルに遭遇するリスクが高くなると考えてもいいと思います。というか、本当に善良な企業であればトラブルは起こりませんから。

転職は、最初の第一歩は企業そのものよりも、採用担当の面接係員との…

転職活動といえば、希望している企業そのものよりも、ある意味、「担当面接官」との勝負が大半といえます。希望する職種に採用してもらえるように、まずは肩の力を抜いて焦らずに対応することを心がけましょう。たとえばお見合いをする気持ちで望むと面接への余計な緊張が解けるかもしれません。面接官は最初にあなたの「人間性」を判定してもらうので悪い評価になるような態度は注意しゼッタイに避けましょう。また社会人らしく転職活動にピッタリな服装(T・P・O)を意識してみてください。あなたの個性を表現できるといいでしょう。企業にとって魅力的な人材と感じてもらえれば、かならず自然と良い結果も出やすくなるでしょう。