生まれて初めて失業保険の給付を受けるときに、何もしなくても受け取れると考えている人…

初めて「失業保険」を受けるとき、何もしなくても給付されると思っている…

生涯初の失業保険をもらうときに、ただ給付されるのを待っていればいいと考えている人が極めて多いですが、それは誤りです。実は、失業保険をもらうためには、「就職活動」をしなくてはならず、加えて、毎月一回はハローワークに通う必要がある。1ヶ月間隔で担当者に就職活動の状況を報告して真剣に就職活動をしていると判断されれば翌月の給付が振り込まれるというシステムです。仮に、本気で就職活動をしていないと判断されたり、月に一度の職員との面談に不参加なときは、問答無用で給付が見送られたり、酷い場合はそれ以降の給付資格も失効するおそれがあるのでそれを防ぐために気をつけてください。

『なるべく早く転職したい!』という願望があって、自身の意志が本当に強いものであるなら・・

『転職をしたい!』と思っている人で自分の意志が強いのであれば、退職したいということを速やかに自分の上司に伝えましょう。ですが、このときに相談といった形で話を持ちかけると、上司に言いくるめられる可能性が非常に高いので気をつけましょう。実際にわたしが転職をすると話した時には退職するタイミングを伸ばされてしまい、退職までに半年ほど掛かってしまいました。辞めたいということを最初、直属の上司に相談したのが年度末で、いろいろあって数ヶ月働いて辞められたのはその年の11月です。本当ならは仕事が一段落した年度末を契機にやめようとおもったのに、色々と理由をつけられ、予定が狂ってしまいました。やっぱり企業にも人事の采配が必要なのは分かりますが、上司を含め、会社全体でずるずると引き伸ばされてしまったので、さすがに失望しました。

派遣で会社で働いています。労働契約法により残念な・・

派遣で勤務しています。労働契約法のおかげで否応なく、長く務めてきた就業先での仕事がもうすぐ終わります。同じ派遣の人の中には、派遣で就業している会社で直接雇用の地位を手に入れた方もいるのですが採用された理由としては正直に言うと仕事の腕とは関係なく派遣先の上司へのあしらいがうまい方でそれが採用の決め手となった感じ。業務処理能力よりも上司にゴマをするスキルの方が必要なのだろうと選考に漏れた他の派遣の同僚と派遣先の職場で毎日愚痴を言ってます。

いわゆるパソコンは便利でネットの世界では、今では「転職に役に立つサイト」と呼ばれるも…

世の中は変化していてスマートフォンは便利でネット上では、今では「転職サイト」と呼ばれるものが多くて困るくらいいっぱい点在しています。その相当な数のサイトから自身が求めている転職先を見付けるために、とりあえず情報が大事ですから収集が必要です。サイトをうまく使うことで、よりスムーズな転職が実現します。更新頻度が高く、さらには客観性と正確性を持ち合わせた「転職サイト」がある一方、優良とはとても呼べない粗悪なサイトもあるので、注意が必要です。とりあえずは、信用できるサイトかどうかを同ジャンルのサイトと比較しながら厳しくチェックしてみましょう。

例えば、現職からの転業を決定したなら、徹底して周りの人間・・

もし、転職の決心を固めたなら、徹底的に周囲の人にはそれが広まらないようにうまく転職活動を進めていき、現職にいるあいだは、できるだけ周りの人に気づかれないように普通に業務をこなしていくのがたいへん合理的です。現職中、その点を心にとめておけば、希望通りの希望通りの働き先が見つけられなくても、転身の予定を先送りにしつつ、現在の職をそれまで通りに継続してもできます。そうではなくて、ついつい「転職するつもりでいる」と言ってしまうと、社内は、それに合わせた態度をとります。そのうえ「辞めるつもりです」と一言でもいえば、周囲には「あの人は辞める予定の人」と確定します。そうなると、転職したい思いが消えて、「やっぱり辞めないことにしました」となっても、周囲の人は「一度は仕事を辞めようとした人」とあなたを冷ややかに見るので、仕事中ずっと、立場が悪くなる思いををするリスクもあるでしょう。

より安定した人生を願い正規の社員を目指している人は結構多いと思います。

より安定した暮らしを欲しがって「正社員」になりたいと思っている人はかなりいます。即戦力として働けるようにいくら頑張っても中々正社員としての転職活動そのものが現実化しない可能性もあります。非正社員の求人はかなりあるのに正社員の求人以外はそっちのけで落ち着かない日々を過ごしている人は少なくないようです。もしも、正規雇用での転職が厳しいのなら、契約社員や派遣社員の求人募集にも目を通してみましょう。契約社員募集の企業のなかには、会社に貢献する度合いが高ければ、数年で契約社員から正社員への転換を狙える可能性もあるからです。ですから面接を受ける際に、「正社員登用」の可能性があるかどうかを質問しておくと今後の役に立ちます。

転職の際、面接は避けて通れませんが、面接の際に面接官から「転職理由は・・

転職時の面接で人事から「転職理由は?」という風に、訊かれると思います。この時、どんな事情があっても、前の仕事場での「働く環境」「人づきあい」についての愚痴とも受け止められる返しは、出来るだけしないほうが良いでしょう。なぜなら、そのような内容をうかつに喋ってしまうと、採用条件としてはマイナスになるので、チャンスを無駄にしてしまいかねません。そのため面接では「ポジティブ」な人物であると印象づけるのがとても大切で、とにかく「新しい職場で、これまでのキャリアをしっかり生かして、戦力として必要不可欠な人材になる所存です」といったような未来志向での返答が担当者の心証はよくなります。

シフトの仕事についての話なのですが、毎週、決まった・・

これはシフトの仕事についての話なのですが、毎週、同じ曜日に勤務できる人を募集している求人をけっこう目にするのですが、もしも応募しようと考えているならシフトの出し方や休み方を前もってチェックしておくべきです。以前わたしは出産のため抜けた人の代わりに正社員としての仕事をはじめたのですが、私のシフトがそこでは「土日」固定のシフトだったのですが、新しく入った私以外だれも出てくれませんでした。前任の方が土曜、日曜に必ずでれる人だったので、私もそのように思われていたみたいです・・・。なので「土日」に冠婚葬祭が入った場合、シフトを変わってもらうときは、同じ部署の上司に「代わりに出ていただけませんか?」と私自身が頭を下げなくてはいけませんでした。一緒に働いて給料は同じなのに土日を私ひとりに任せっきりって、一体・・・。振り返ると「本当におかしな職場だった」としか言いようがありません。

もしもあなたが転職を視野に入れているなら、転職前に「資格」取得は考えておいて損はありません。

転職をするなら転職する前に「資格」の取得をしておいた方が良いかもしれません。とくに、転職活動を始める前の段階で、資格を取るのがおすすめです。転職活動時に有効に使えるので、次の仕事も見つけやすくなります。であるため、在職中であり、なおかつ転職活動前の段階の資格取得がベストタイミングといえます。もしあなたが未来を見据えて、このあと役立つ可能性の高い資格を持っておくと、仕事を辞めた後も後悔なく次に進めます。加えて、資格を手に入れることで転職先の面接時に担当者に「即戦力」と判断され、それまでより待遇が良くなる可能性が高くなります。

好きなジャンルの仕事に就きたいという風に考えている人は注意が必要です。

自分自身の好きなジャンルの仕事に就きたいという風に考えている人は注意です。これは、私が実際に経験したことなるのですが、私は、もともと食べることが大好きだったのですが、かつては、飲食の世界(レストラン)に勤めていた時期がありました。そのお店での仕事内容は、その飲食店で任されていた業務内容は、シンプルな盛り付けやホール業務です。この業務内容に関しては、不満もありませんでしたし楽しんで働いていました。けれども、人間関係のいざこざでとても嫌になりました。ということが引き金になって、仕事をやめたのですが、そのせいで、好きだった食べること、そしてそのレストランで扱っていた食べ物すら嫌いになってしまい、同ジャンルの飲食店には避けるようになりました。当時のにおいを思い出すだけで不快な記憶が蘇ります。この仕事を始めた当初、好きだったことがキライになるとは思いませんでした。趣味に通じることや大好きなジャンルの仕事に就きたいと願い、それを実現させることは本当に素敵なことだとは思います。しかし、あなたの「好き」のレベルはどの程度のものなのか、じっくり冷静に自分に問いただした上で行動するべきです。