生まれて初めて失業保険の給付を受ける際に、ただ給付されるのを待っていればいいと思っている人…

生まれて初めて失業保険の給付を受ける場合、「期間内は何もしなくても自動的にもらえる」と考える人が…

生まれて初めて失業保険の給付を受けるときに、何もしなくても受け取れると思っている人が極めて多いですが、それは誤りです。実は、希望通りに受け取るためには、求職活動を行う必要があり、それとは別に、毎月1回、ハローワークに通う必要もあります。1ヶ月スパンでスタッフに求職活動の状況をきちんと説明して真摯に就職活動をしていることを信じてもらえれば翌月、保険が給付されるシステムです。これに対し、真面目に仕事を探そうとしていないと判断されたり、月に一度の職員との面談に参加しないときは、情け無用で給付を一時的に止められたり、それ以降の給付資格も消失するおそれがあるので、そうならないよう充分に気をつけてください。

『転職をしたい』とおもっている方、自分の意志が抑えられないくらい強いものであるなら…

『今すぐ転職をしたい!』と思っている人のなかで、自分の意志が本当に強いものであるなら、辞職したいという旨を速やかに上司に伝えましょう。ですが、そのときに曖昧な表現をしてしまうと、必ず言いくるめられます。そして、実際に私も、上司へ転職についての相談をしたのですが、手を変え人を変え、最終的に、退職までに半年ほど掛かってしまいました。辞職することを当初、直属の上司に相談をしたのが年度末でしたが、実際ではなぜか退職が認められたのは同年の11月です。本当ならは仕事が一段落した年度末いっぱいで辞めるつもりでしたが、希望通りにはいきませんでした。やっぱり職場も、人事的な都合があるのかもしれませんが、スタッフの意見を聞かずに、上司を含め、会社ぐるみでズルズルと伸ばされたので、その会社に対しての困ってしまいました。

派遣として就業しています。派遣法や労働契約法のからみ…

派遣というかたちで働いています。派遣法や労働契約法のおかげで残念ながら長期間勤務していた就業先での勤務が終わります。派遣仲間の中には、派遣の就業先で正社員の条件を手に入れた方もいるのですがぶっちゃけ仕事の腕がよいというよりは派遣先の上司への媚びへつらいがうまくてそのおかげで採用されたとしか考えられません。職務を遂行するスキルよりもおじさん転がしの能力が大切なのだろうと別の派遣の同僚と勤務先で毎日文句を言ってます。

最近はPCを使えばわかるけどネットの世界では、「転職に役に立つサイト」と呼ばれるも・・

最近はPCを見ればネットの世界では、「転職に関するサイト」と呼ばれるものが無数に存在しているのをご存知でしょうか?その多くのサイトから自分の目的に合致した転職先というのを見付けるためには、何よりも情報を集めることが必要です。転職サイトをきっちり使いこなすことで、よりスムーズな転職先を探せます。最新情報が満載で、客観性と正確性を持ち合わせた優良なサイトがある一方で、そうではないと思われるサイトが存在しているのも事実ですから注意しておきましょう。使い慣れないうちは、信用できるサイトかどうかを他と比べつつ、厳しく確かめてみてください。

一度あなたが、現職からの転業を決心を固めたなら、まった…

もし、転職を決意したなら、社内の人間にはその気持ちを言わないように、首尾よく転職活動を進めていき、転職先が決まらないうちは、可能なだけ同僚に気づかれないようにいつもどおり仕事をする方が利口です。その姿勢を保っていれば、最悪転職先探しがすんなり見つからなくても、転身時期を延ばしつつ、今の職をそのまま続けることも簡単にできます。でも思わず「転職するつもりでいる」と言ってしまうと、会社は、それに合わせて応対します。また社内の人間に「辞めるつもりです」と一言でもいえば、会社内では「あの人は辞める予定の人」と確定します。しかし、転職したい思いが薄れ、「やっぱり仕事は辞めないことにしました」と手のひらを返しても、「一度は退職しようとした人」という目であなたを見るため、在籍中、肩身の狭いと感じるリスクもあるでしょう。

安定性を手に入れるために正規社員を目指す人は多いのが現実だと思います。

安定した暮らしを願い「正社員」を狙っている人は相当数います。けど、即戦力として働けるように相当に頑張っているのに中々正社員として雇用されることが叶わないケースも少なくはいはずです。非正社員の求人を見たとしても、正社員の求人以外はスルーして時間を浪費している人が少なくないと言います。しかし、正社員として望む職場や仕事に転職できない場合には、契約社員や派遣社員の募集も選択肢に入れておくほうが良いでしょう。企業によっては、成果次第で2,3年で非正規雇用から正規雇用への転身を狙えるところもあるからです。ですので採用面接を受けているあいだに、「正社員登用」の可能性がどのくらいあるかを聞いておけば人生設計が立ちやすいはずです。

転職時の面接では、少々うそを交えたほうが良いこともあります。

転職する際には面接が必須となります。面接官から「転職理由は?」といった形で、ほぼ訊かれます。このときに、いくら正しい意見だと思っても、前の仕事場での「労働環境」「人間関係」が良くなかった内容は、できる限りしないことをお勧めします。なぜかというと、此の様な内容の話は、採用される可能性を無駄にしてしまうことになります。ですから面接時は、「ポジティブ」な姿勢を見せつづけることがとても大事です。たとえば「新しい職場で、自分のキャリアを十分生かし、会社のためにより一層の努力をしていくつもりです」のようなアピールの仕方が大切です。

これはシフトの仕事についての話です。

これはシフト制の仕事についてです。一定の曜日に働ける人を募集する求人を頻繁に見るのですが、もし、応募しようと考えているならシフトの出し方や休む手順については、尋ねておいたほうが良いです。それはなぜかというと、前に私は産休で抜けた人の助っ人として、正社員として仕事に就いたのですが、「土日」固定のシフトだったのですが、新入社員の私以外、誰も現場にいませんでした。産休に入った前任の女性が「土曜、日曜」に必ず出勤することができたので、私自身もそのように思われていたみたいです・・・。実際「土日」に冠婚葬祭が入った場合、シフト変更の必要があり上の人たちに「土曜日に休まなければならないので代わりに出ていただけませんか?」と私自身が交渉しないといけませんでした。立場も給料も同等なのに土日を1人の人に任せるって・・・今思うと腹が立ってきます。

もしもあなたが転職したいと考えているなら、転職前に「資格」の取得をしておいた方が良いかもしれません。

もしあなたが転職を考えているなら、転職する前に資格を取得することでステップアップできます。とくに、仕事をしているあいだに資格を取るのがおすすめです。転職の際には有効活用することができますから、新しい職場も探しやすくなります。そんなわけで、在職期間中での資格取得が一番良いタイミングです。もしもあなたが将来を考え、社会的にニーズの高い資格を取得しておけば、今の仕事に別れを告げても後悔なく次に進めます。それにプラスして、資格を保有することで転職先の面接の場では面接担当者に即戦力として扱われ以前より待遇アップも期待できるでしょう。

趣味に通じることや大好きなことを仕事にしたいと思っている人は注意が必要です。

自分自身の趣味に通じることや好きな分野の仕事に就きたいという風に考えている方は要注意です。これは、私が実際に体験したことなのですが、私自身、食べることが本当に好きだったのですが、それが高じて、以前は、飲食の世界で勤務していました。そのお店での業務内容は、そのお店で担当していた業務内容は、料理の盛り付けや(簡単なもの)ホール業務です。この仕事内容に関しては、不満もなく楽しみながら仕事ができていました。ですが、人間関係にとても疲れてしまったのです。ということが引き金になって、仕事をやめる羽目になりましたが、そのせいで、食べることやその店で提供していた食べ物さえも苦手になり、よく似た飲食店にはしばらく経った現在も行けません。当時の店の匂いを思い出すのも苦手です。仕事に就いた当初、大好きだった店が嫌いになってしまいました。自分自身の大好きな分野の仕事に就きたいと夢見て、実現できるのは本当にステキだと思います。ですが、あなたの「好き」は、どのくらいすごいのか、真剣に自分自身と向き合ってから行動するべきです。