派遣先の会社が決定しました。最初の出勤日に営業担当の…

派遣として働く会社が決まりました。

派遣会社での仕事が決まりました。最初の出勤日に営業を担当している方と就業先の近くのコンビニエンスストアで合流する予定だったのですが、約束の店の前にいないから中にいるのではないかと考え店の中に入っていくと、なんと雑誌売り場前の通路に座り込んでアダルト雑誌のグラビアページを開いて読んでいるのを発見!こんな担当の人のお仕事なんて我慢できないことだと思って、声もかけずにコンビニを出てすぐさま派遣会社へ辞退する旨の連絡をしました。

クールビズのスタイルで転職の面接にチャレンジする際に・・

クールビズ(軽装)の服装で再就職の面接に臨む場合、ジャケットまでは着なくても安心であると間違いなく分かりますが、ネクタイはして行った方が印象が良いです。ネクタイの着用はなくてもOKだと考える会社も存在することもなくはないですが、ネクタイだけは例えクールビズが推奨されていてもつけなければならないとしている会社がいくつかは存在するわけです。そのため、クールビズと言われていたとしてもネクタイにおいてはしてから行った方が安全だということは伝えておきます。

派遣会社に登録した上で仕事をする人が一昔前の規制緩和以降…

派遣会社を利用して仕事をする人が近時多くなっていますが、労働の対価として派遣会社にいくら支払われ、そのうちどれだけが自分の報酬になるのかを可能な限り面接のときに聞いておいた方がいいでしょう。派遣業は、人手を欲する会社に人材を派遣し、その対価としてお金を手数料を徴収する形を取っています。実際に派遣される労働者の取り分が不明確になっていることが大半です。半分を超える額を還元しているのであれば、比較的良いのですが、開示をしない派遣業者が多く、酷い業者では、7割も自身の懐に入れ、3割しか労働者に還元しない場合も決して少ないとはいえません。面接の際にきちんと答えない会社は、いろいろ不都合なことは隠す体質であることが多いので、可能であれば別の派遣会社を利用されることをオススメします。

転職活動にあたって準備は必要不可欠です。

転職にあたって準備はしなければなりません。一言で準備といってもたくさんありますが、そんな中でも目に見える服装は大事な部分だと感じてしまいます。けれど、昨今の、採用面接では私服を許可している企業もあるので、「面接はビジネススーツでなくては」と考えて面接に臨まなくても良いケースもあります。会社の創立してすぐの会社などは、柔軟な考えなので私服で面接を受けたほうが、良い印象を持ってもらえます。加えて、ざっくばらんに話ができるメリットも。さらに私服だと、面接の際に、洋服の話題で盛り上がる可能性もあります。ですから、もしかしたら面接担当者と打ち解けあえるチャンスがつくれます。ということで、これから転職する際は、企業の「設立した年」で選択し、(ベンチャー系企業の)面接時には正装はせずに私服で勝負するのも良いかもしれません。

かつては求人情報では、募集要項の中に「性別」が、はっきりと書かれていました。

何年か前までの求人誌には、募集要項の中に「性別」について、書かれているのが一般的でした。しかしながら、男女雇用機会均等法の施行によって、男女の求人・採用差別をあってはならないルールが決まり、応募資格に「性別」が無記載となりました。そうはいうものの、求人情報を出す側は、男女どちらでも良い、とは本音では思っていません。そんなわけで、男手が必要とする案件に女性の応募が殺到したり、対称的に、女性が必要なのに、男性が来てしまったり、というようなトラブルに悩まされる場合もちらほら。もし、「女性が活躍できる職場です」と記載される案件の場合は、雇用側が「女性」を必要としている、と読むのが良いです。

「ブラック企業」が社会的な問題として認知されてきたこともあ…

今日では、ブラック企業がマスコミで取り上げられたりして、労働条件に対する取り締まり強化が実施されたり、社名の公表がなされるなど罰則も強化されていますが、完全には至っていないのが現状です。なので、面接時に「ブラック企業」かどうか、自身で判断してみましょう。ともかく、求人票に書かれている労働条件に目を通し、それらの項目を順番に堂々と質問しましょう。相手が「ブラック企業」だった場合、記載内容にウソがあったときは、返答が不自然になります。「その場ではちょっと答えられない」といった逃げ腰になることがよくあります。特に「給与」「残業」「休日」においては、この場合はどうなりますか?と質問をしていくと渋い顔をする場合が多くあります。それでも迫ると、ふてくされたような態度を見せはじめるので、化けの皮が剥がれるようになります。このような会社は、嘘をつく体質であると考えられるので、変だと思ったら、他の面接を受けたほうが良いと思います。

再就職する時に行われる面接のときにつける腕時計については…

再就職する時に行われる面接で使う腕時計においては、明らかに目を惹くタイプの腕時計は着用しないほうが安全といえます。この場合の目立つというのは見るからに高価そうに見えたり、といったことだけではなくそれとは逆に安物の腕時計に見られてしまうとか、そういう真逆の目を惹く、と頭に入れておいてください。転職の面接のときに着用する腕時計についてはポジション的にはスーツやネクタイと同じように、面接するにふさわしい無難なものを着用して行った方がベストだと言えます。けれども、年齢に適しているということも肝心であって、新卒の就活の頃に着用していた腕時計よりは少しでも高い腕時計にした方が好印象であるということは断言できます。

長期間接客関係で仕事を続けてきたのですが、年齢的に立ったままのお仕…

長年にわたって接客業でお勤めしてきましたが、年のせいか立ったままの仕事は体力的に耐えられず、座って仕事ができる事務系のお仕事への転職を頭に入れて行動を起こしました。事務未経験の場合なかなか採用してもらえず、だから接客の経験も活かせる受付兼医療事務を目指そうと思い資格も取って個人クリニックに転職しました。周りは超ベテランである先輩パートさんばかりで人間関係も難しい。夜間のシフトばっかりさせられて、接客業をしていた時より帰宅も遅いわけですが、まずはキャリアを形成する時期だと思って我慢します。

職を変えたいと転職をする活動中の場合、「はやく、内定(採用通知)をもらいたい…

新しい会社につきたいと転職をする活動中の人の大半は「ちょっとでもはやく、内定(採用通知)がもらいたい」といった気持ちが強くなってきます。ですが、その気持ちが強くて吉報ほしさのばかり、自分自身のできないことまで「出来ますよ」と嘘をついたり、あるいはその逆に自分を過小評価にしかならない言動はゼッタイにしないようにしましょう。そうではなくて、焦燥感をこらえて、冷静に客観視しつつ、自分に最適の職場を見つけることに集中しましょう。これまでのキャリアを活用できるように、そして、今後のキャリアアップが図れる場所を賢く見極めていきましょう。

ここ最近は、株・不動産投資などといった不労所得、ある…

近頃、株式・不動産投資などの不労所得を得たり、独立・起業といった生き方も増えています。そのような世の中の変化もあるせいか、「会社員以外は不安定だしキケン」といった今までの見解も変わってきています。高度経済成長時代に関しては、安定しない個人事業といった稼ぎ方よりも雇用されて働いているほうが賢明でした。そのため人が生きていくうえで正しい進路として、またそれが決まり切ったことであるかのように社会に認知されていました。しかし、そういった社会全体が安定成長する時代は過ぎ去り、今のような時代では「成熟期」というらしいです。今後は、機械化、自動化が進んで仕事でも人を不要とする社会になっていく、と言われています。