数ヶ月ほどまえに、転職をやっとしたばかりであるにも関わらず・・

少し前に転職をやっとしたばかりであるにも関わらず、入ってす…

  • 2ヶ月まえに、転職したばかりなのに、すぐに辞めてしまう選択してしまう人が思いの外多かったりします。何故そうなるのかと考えてみると私の考えでは心機一転、良い職場に飛び込んだものの、「理想としていたものと堪えられほどかけ離れていた」「おかしな慣習があってウンザリしている」ということが理由で退職を決意するのじゃあないかと思います。可能ならこのような、転職に関しての失敗を避けるためには初歩として、前もっての情報集めは徹底するほかありません。徹底して行うべきなのです。職場内の環境、業務におけるルール、昇給システム、など多角的にチェックしておくことで転職における失敗は大きく減らせるはずです。
  • 転職をする時に絶対に書く履歴書においては、大体、自筆ではなく、パソコンを活用して作成するのが…

  • 転職の時に必ず準備する履歴書や職務経歴書などにおいてですが、大方はパソコンで作成するというのが当たり前となっています。日本国内では履歴書についてはパソコンで書かれたものではなく自筆で準備するのが常識だと考えられている面も多々ありますが、それは新卒時の人たちの就職活動やアルバイトに関してであって、実は、転職をする時については履歴書は絶対に手書きでないといけないとまで言い切ることはできません。手書きの履歴書を高く買う会社もあるようですが、そうじゃないケースが徐々に増えてきているようなので、パソコンで書かれた履歴書でも良い企業は意外にも多いのです。
  • 友人・知人による紹介で転職を叶えようとしている人もいるでしょう。

  • 知っている人の紹介をキッカケにして転職先を見付ける人がいます。とはいってもそこでの労働環境や、その他の労働条件などを知人の口コミをあんまり信用しすぎると問題になるおそれがあります。というのも、一人の個人の口コミは主観的な色合いが強く、客観性に乏しいためです。要するに友人・知人にしたら良い職場であっても、あなた自身の価値観に照らし合わせたときには、ストレスフルな環境かもしれません。でもその逆も然りです。なので、職場環境をはじめ、気になる点は口コミだけに頼らずに、最終的には自分自身の目でチェックしておくようにしましょう。
  • いよいよ転職をするのなら、今の仕事・業務の何に不満を感じているのか・・

  • これから転職することを考えているのなら、今現在の仕事の何に不満があるのかを洗い出しておく必要があります。当然と思われますが、意外とできてないです。気に入らないことにガマンできないから転職しようと思っているはずです。が、「ちゃんと業務や仕事の不満点を明確化する」ことが出来ている人は少ないものです。自分の問題をしっかり見える化しておくと、転職選びでのミスを防げます。それを終えたあと、仕事を変えることで「今の仕事よりも不便になりそうなこと」をしっかり想像してみましょう。転職できたとしても、すべての問題が解決するとは限りません。ですが、メリット・デメリットをあらかじめ洗い出すことで転職の失敗は高確率で防げますから、失敗しないのは容易になるはずです。
  • 昔は看護婦ですが看護師という職業は、女性比率がとても大・・

  • 看護婦と呼んでいた看護師は職業として歴史的背景から女性比率がかなり大きい職です。厳しいことに気力や体力の大きく消耗する職場ともいえます。ピリピリした現場になりやすく、職場の対人関係のいざこざや、自分の結婚や出産などのイベントでそれまでとは同等の勤務が継続できなかったりして、仕事とプライベートとの両立がかなり難しい職業です。実際に、上記のような点に行き詰まり、職場を変える人が多いのが現実です。過酷な労働環環境であるために、看護師は、慢性的な人材不足に困っています。なので、各医療機関は、看護師を必要とする「売り手市場」な状態で、さらに転職に拍車を掛ける要因になっているのでしょう。
  • 転業を考えているなら、多くの会社の募集案内を調べたり比較したりしてお…

  • 転職を念頭に置いているなら小まめに色々な企業を定期的にチェックしておけば就職先を大いに選びやすくなります。今の仕事にやりがいを感じていない場合、実際に転職活動をするときに、どの会社も魅力的に映ってしまいます。そのような状況下では、どの企業を選択したら良いのか選ぶ会社に迷いが出てしまう結果になり、判断を間違えてしまいかねません。その結果、早々に退職の道に進んでしまうので、事前に会社の良し悪しを判断するための目を養っておくべきなのです。転職したい会社の雇用関連の情報に目を通すだけでなく、その会社の「取引している会社」も気にしておきましょう。透明性を重んじる企業は取引先情報を開示していますし、逆にそういった企業ではない場合、宣伝に力を入れる傾向があるので、その点もチェックしてみましょう。そのうえ、会社によって個人グループに入っているケースもあるので、グループの名前を調べて、内容を確認してみてください。
  • 転職する企業で、「年間報酬」の理想を高くしないようにしましょう。

  • 仕事を始めてすぐはすぐに年間報酬に関して高望みはしないほうが無難です。中でも、はじめの年はほとんど「試用期間」を含んでいるというのがケースが多かったりもします。私自身の新たな仕事に就いたときは、なんとか手にした職なのに、なんとそれまでの職場での年間報酬とあまりイコールでした。そのうえ、業務はかなりキツく、とても責任のある立場で初年度を乗り切るのにひどい状態でした。そういった実体験から、転職1年目は、勉強に充てる年と捉えておき、可能なかぎり転職する前に貯蓄しておくことに尽きると思います。
  • 初挑戦となる業界などに転業したい場合には、以前の業…

  • 初挑戦の業種などに転業する際には、前の業界で、自分が育んできた力や経験したことが生かせるという内容のアピールが必要です。初めての分野の場合、未経験の分その業種で今まで働いてきた人たちよりも事実、不足することはありますが、自らの持っているスキルがその分野でも発揮できるということを相手に伝えることができれば、戦えるケースも十分に考えられるのです。したがって、経験したことがない分野にチャレンジする場合は、その業種と自分がこれまでやってきた仕事との関連を考えましょう。
  • 転職で勤め先を一新するということは、自分自身に適す・・

  • 再就職で職場を新しく換えるということは、自分自身に見合う勤め先を見つけたいものです。勤め先を変えれば、天職に有りつけることも可能です。しかし、実際に行動するともなると、相応の努力やスキルを持っていないと、転職自体がままなりません。別の表現をすると、自分の価値をあげることで、天職に恵まれる可能性がある、ということです。今は、職業選択の自由が社会通念上として認められているので、会社を変えても偏見を持たれるなどのリスクも殆どありません。組織と人との関係が薄まりつつある現在は「価値ある人材が欲しい」と願う企業もますます増えているので、今の良い時期を活かしましょう。
  • 転職における採用面接に転職希望の会社へ伺いました。

  • 転職のための面接にある会社に行きました。その日に限って会社の会議室がすべて他の客でつまっているということで外部のとある場所で面接担当の人と待ち合わせて採用面接が行われて、その場所で解散、面接担当者も会社に寄ることなく自宅に直帰されるとのことでしたが、ビックリしたのは自宅最寄駅が私と一緒。ですから電車内でも面接担当者と一緒に話しながらいっしょに帰宅することとなって、その結果緊張がなくなって面接しているよりも話が弾んで、それが良かったからなのか幸運にも採用をゲットすることができました。