あなたが転職を視野に入れた場合、「Uターン」「Iターン」にお・・

あなたが再就職を視野に入れた場合、「Uターン」「Iターン」など、…

仮にあなたが転職しようと考えた場合、「Uターン」「Jターン」「Iターン」のように、都市部から地方に移り住んで再就職したいと考える人も多いです。今のネット社会では転職サイトを用いれば、国内全エリアの求人も容易に知ることができますが、ただ残念なことに、地方や郊外での求人情報は、大都会のそれよりも内容が薄く、数も少ないのが一般的です。ですから、求人サイトだけに集中するとなかなか難しいかもしれません。転職サイトにプラスして、「地方自治体・商工会議所」などのサイトも見逃さずに確認し、「地方自治体・商工会議所」などの行政が主催している転職サポートの関連情報も見ておくと、良い出会いが期待できます。

転職先を選ぶとき、むろん仕事におけるやりがいアップも大事だけ…

転職先を選ぶにあたって、仕事のやりがいアップと共に加えて賃金が上がることも大きなポイントなので「年収サイト」というサイトに登録をしていろいろと調べています。同じ会社でしかも一緒の職種、社歴であるにも関わらずずいぶん人によって幅があることも多数あり、ぶっちゃけて言うと面接の際質問したことがあります。面接官もそのサイトをチェックしていたようで「ああ、高い年収で書かれているのは、書いた者について誰かだいたいは予測がついているんですけどね、おろらく格好をつけているのでしょう。低い方だと思ってください」とのことでした。

転職時の面接でいるビジネススーツのカラーにおいて・・

転職の面接で必要となるスーツの色は、新卒の就職活動の際に準じている色合いが良いとされています。言い換えると、黒や紺色などのような暗いカラーになります。それが、再就職の場面であっても、ビジネススーツの色合いはこのような暗めのカラーが多数派になっており、他の色のスーツの人はほぼいません。他のカラーで言えば、まれにグレー系のスーツを着用している方が若干いるくらいで、一般的には紺色や黒色が大多数を占めているのです。ですから、人事担当の方からも黒や紺のスーツが当たりまえに感じます。ですから、見た目の印象という観点ではおすすめです。

今後の社会では今以上に考えなくてもできる労働は機械に切り替えられて…

私たちの労働環境は、これから着実に考えなくてもできる仕事は機械に変えられてその変化によって必要な労働力はどう考えても縮小させられてしまいます。なぜなら、考えなくてもできる作業という観点では人以上に機械でやったほうが圧倒的に分があるからです。数量をカウントしたり、同じ動きを延々と反復したりすることは機械には問題ありません。もちろん人間とは違って愚痴を言わないし、疲れ知らず、適当にすることもないし、早いし均一にこなせます。おまけに給料を渡す必要もありません。ですので、労働力として人を使う理由が到底無いことが明白で、機械に移行していくのも必然といえるでしょう。

転職活動の際に、良いと思える求人(または業種)を見付けるたび…

これから先、転職活動をされるなら、気になる求人(もしくは業種)を見つけたら、絶対「〇〇業、ブラック」でネット検索したほうがいいです。求人票やあなたを担当してくれる転職エージェントでは、まずその業界のマイナス面について知らせてもらえません。仮にブラック案件が蔓延している業種であれば、簡易的なインターネット検索によってすぐに多くの事例に触れられるはずです。そういう検索をしないまま、会社に入ると、あとでガッカリしてしまうおそれがあります。そもそも求人が出ていた理由が「仕事内容がキツイからスタッフの出入りが激しい」というケースも多いので、目に留まった案件について、疑問点を払拭した上で、応募するようにしましょう。

今現在の自身の職場や業務に対する何かしらの不満があるはずです。

今の自らの勤め先や業務内容について大半の人は不満を感じていると思います。「自身のスキル・能力がきちんと評価してもらえない」または、「給与は増えないし、昇進の見込みもない」といった不満が多くを占めるでしょう。しかしながら、そんな風に思っている人の場合、自身の本来の実力を実際よりも「過大評価」してないか、再確認する必要があります。過剰評価していることに気が付いていない人が転職しようとすると、「自分が活躍するための企業や職種がない」と転職するまでに長い時間がかかるおそれがあるので、要注意です。経済的に生活困難になってしまう危険性もあります。ですから再就職をスムーズに行うためには、実際の自身の能力を客観的に見つめることから始めてみましょう。

再就職の時に行われる面接時の身なりはクールビズでもOKと…

転職の面接での身なりは会社側からクールビズで良いとと伝えられることもあるようです。しかし、なかには、クールビズで赴くのは実際は失礼に当たるのでは?と考えてしまいます。そのような考えを抱えている人にアドバイスしておきたいのは、企業側からクールビズでも良いとされている面接なら、言われたことをそのまま守った方が安心できます。色々迷って、汗がだらだら出る季節にびしっとスーツを着込んでいくと不自然に感じられます。ですから、会社側からクールビズで良いと伝えられたらクールビズで良いのです。

転職活動をしていれば、面接で高い確率で質問されるのは志望動機と転職理由の2つです。

転職のための活動を行っていて面接で必ず質問されることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。このうち志望動機に限っては、思っていることをそのまま伝えてもOKですが、転職理由についてありのままに伝えるのは問題です。転職理由でよくある給料に関する不満、同僚や上司とのあいだのトラブルなど、その手の話題をしても、あなたの好感度には繋がりません。自分の得にならないことをそのまま話す人は非常に少ないと思いますが、採用担当者はそのような部分を注視しがちなので、遠回しに聞き出そうとしてきます。これに対して悪い印象を与えるのを回避する方法として、現職の仕事の内容以外のことを話さないように心がけることです。そして、「御社に入ってから〇〇したいです」、「いついつまでに〇〇は叶えるつもりです」、そのために御社を選びました、と志望動機に話題を変えてしまいましょう。

転職活動を始めるとき、いろいろ情報を集めることが多いと思いますが・・

転職活動を行う際、いろんな手段で情報を得ることが多いと思いますが、転職系の「口コミサイト」を利用しない手はありません。少し前に、会社の損失につながる悪い口コミが掲載されたということで、運営サイト側に損害賠償請求を起こし、話題になったことがありました。辞めさせられた社員の報復によってその手の口コミが投稿された、という見方が一般的ですが、別の角度から見れば、口コミの内容が真実でなければ、会社としては気にしなくてもいいはずです。しかしながら、実態は『クロ』で「このままではマズイと考え、早く火消ししなくては!」としていると考えることも出来ます。「口コミサイト」も囃し立てることでアクセス数が増えたり、サイトが注目されるチャンスになるので黙認していますが、悪い内容の口コミがかなり多いということは、その分入社してからトラブルに遭遇する心配をしなければいけないと考えるべきでしょう。人もそうですが、良い会社だったら煙も立ちません。

転職活動で重要なことは企業とのやりとりというより正確には「担当面接官」と・・

転職活動は、希望する企業そのもの、というよりも人事や採用担当の面接係員との勝負といってもいいでしょう。希望する企業に採用されるために、第一歩として面接が始まるときに平常心で対応しましょう。たとえばお見合いをするような意識で向かうのも大事でしょう。面接官に対しては最も最初にあなたの内面的な部分を評価されるので悪い印象を与える言動は気をつけてゼッタイに避けましょう。社会人らしい面接に適した整った服装で望みましょう。あなたの個性を表現できるといいでしょう。企業にとって必要な人材と感じてもらえれば、自ずと良い結果を出せるはずです。